ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松中、福留、金本らプロ野球「逆シリーズ男」が生まれる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球のCS(クライマックスシリーズ)や日本シリーズを勝ち抜いたチームには、期待以上の成績を上げる「シリーズ男」と呼ばれる選手が必ず登場するが、これとは反対に、“戦犯”として敗北の責任を背負われるのが「逆シリーズ男」だ。今年、その汚名を着せられるのは誰になるのか。

 まだ日本シリーズ出場チームは決まっていないため、可能性のある6チームを対象に検証。過去に行なわれた日本シリーズを中心に見ていくと、ある共通点が浮かび上がってきた。

 レギュラーシーズン中の活躍の度合いが大きく、中でも何かのタイトルを獲得した選手ほど、ポストシーズンで失速することが多い。相手の執拗なマークに遭う(注目される)という側面もあるだろうが、それを差し引いても、ブレーキのかかり具合が顕著となる。この典型例がソフトバンクの松中信彦だ。

 プレーオフが導入された2004年(当時はダイエー)、松中は三冠王を獲得する大活躍を見せた。しかし肝心のプレーオフでは、5試合でたった2安打。続く2005年も、本塁打王(2年連続)、打点王(3年連続)を獲得しながら、プレーオフでは1安打だった。

「秋になると急に不調になる主砲に合わせるかの如く、チームもこの後、毎年のようにプレーオフ、CSで敗退を繰り返すことになる。ファンからは自虐もこめて、“秋の風物詩”と揶揄されています」(ソフトバンク担当記者)

 タイトルホルダーの不調は、日本シリーズで特に起こりやすい。例えば、2006年の中日・福留孝介。このシーズン、福留は12球団最高の打率.351で首位打者を獲得し、出塁率、長打率ともにリーグ1位だったが、日本ハムとの日本シリーズでは打率.200と大ブレーキ。1勝4敗で日本一を逃す。

 2005年は阪神の金本知憲、今岡誠。打率.327(40本)でセMVPに輝いた金本は.077(0本)、147打点で打点王に輝いた今岡はたった1打点。この年はロッテとの決戦だったが、主軸2人の不振が響き、阪神は4試合で合計4点しか取れず(ロッテは33得点)、あっけなく4連敗を喫した。

 投手では、昨年の日本ハム・吉川光夫が挙げられる。最優秀防御率(1.71)でパMVPを獲得したが、巨人打線を相手に大炎上。0勝2敗、防御率12.15という成績が残る。20勝投手でも安心はできない。2003年の阪神・井川慶は、20勝5敗の最多勝、最優秀防御率(2.80)でセMVPだったが、ダイエーとの日本シリーズでは2試合で防御率5.40と“戦犯”になってしまった。

 なぜタイトルを獲得するほど実力ある選手が急に不振に陥るのか。スポーツライターの永谷脩氏は、「初打席、初登板の難しさ」を挙げる。

「タイトルを獲得するような主軸選手にとって、大舞台で迎える初めての打席・マウンドでの失敗が、取り返しのつかない低迷に繋がる。他の選手よりもマークされていることがわかる分、“相手はこれだけ自分を研究してきているのか”などと疑心暗鬼に陥りやすいのです。1995年、野村ヤクルトとの日本シリーズで逆シリーズ男になったオリックスのイチローがいい例ですね」

 第1戦の初打席、初球。先発・ブロスが投じた内角高めの球を見たイチローは、「野村ID野球は自分を完全に丸裸にしている」と感じ、リズムを狂わされた。内角高めは、当時のイチローが最も苦手にしていたコースだったからだ。それ以降のイチローは、「ならば高めも打ってやる」とムキになってバットを振り回し大ブレーキとなった。あの天才打者ですら、出鼻をくじかれると大コケするのである。

「2002年の西武・和田一浩も同じ。初戦、得意のセンター返しで抜けたと思った打球が、仁志敏久の好守に阻まれてから、スイングがおかしくなっていきました」(永谷氏)

※週刊ポスト2013年10月25日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ野球 苗字が「O」で終わる監督は日本一になれぬジンクス
カメラマンが「浅尾美和より断然オシ」という美人アスリート
多村、内川ら大活躍で横浜2軍監督「もう少しで天下取れる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP