ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4“KitKat”で「位置情報サービス」の内容が変更、低消費電力モードや位置情報へのアクセスリクエスト履歴機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Android 4.4“KitKat”で「位置情報サービス」のメニュー内容が変更された模様です。海外のWEBサイト Android Policeでそのスクリーンショットが公開されました。公開されたスクリーンショットによると、Android 4.4で位置情報の取得方法が「High Accurancy(GPS、Wi-Fi、モバイルデータを使用)」、「Battery saving(Wi-Fiとモバイルデータを使用)」、「Device sensors only(GPSのみ)」の選択式になったようです。Android 4.3でも同じ使い方はできますが、ユーザーフレンドリーな表現になったと言えます。また、「位置情報サービス」のトップに端末の位置情報へのアクセスをリクエストしたアプリやプロセスの履歴が表示されるようにもなっており、どのアプリが位置情報を取得しようとしたのかがひと目でわかるようになっています。

Source : Android Police



(juggly.cn)記事関連リンク
「HTC One Max」に関する台湾流通業者の内部資料が流出、台湾では10月末に発売、価格は23,900台湾ドル(約8万円)
Nexus 5(LG-D821)がGCFの認証を取得、LTE Category 4に対応
Android版「Instagram」がv4.2.1にアップデート、画像の傾き調節機能が強化、動画のミュートやプリロード条件の変更も可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。