ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「巨人くん」が“ゆるキャラ”参戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ゆるキャラグランプリ2013」に、アニメ『進撃の巨人』の「巨人くん」が“ゆるキャラ”としてエントリーし、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

【画像や図表を見る】

『進撃の巨人』は、漫画誌『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の諫山 創氏の漫画。謎の「巨人」と、それにより絶滅の危機となった人間たちとの戦いを描くもので、今年4月にテレビアニメが開始されると、関連グッズを含め大ブームを巻き起こした。

そんなアニメ『進撃の巨人』のTwitter公式アカウントは10月7日12時29分、

「ゆるキャラグランプリ2013に進撃の巨人を代表して『巨人くん』がエントリーしました!
もし皆様ご興味あれば投票をお願いします!」

と投稿。「ゆるキャラグランプリ2013」公式サイトを見てみると、確かに「所属:TVアニメ『進撃の巨人』」としてNo.1456にエントリーしている。説明には、

「TVアニメ『進撃の巨人』から飛び出したキャラクター。
巨人が怖いと思うお子さんや女性の方に巨人はかわいいんだよと愛着を持ってもらうために生まれたキャラクター」

とあるが、人間の筋肉がむき出しになったかのような全身で、無表情の顔は、まったく“ゆる”くない。Twitter上では、

「ゆるくなってから出直せ」
「ゆるくない上に怖いw」

と早速多数のツッコミが入ったが、エントリーしてわずか6時間弱の同日18時13分には、アニメ『進撃の巨人』公式Twitterは「現在136位まで一気にジャンプアップしました!」と報告。

今年の「ゆるキャラグランプリ」は、企業キャラクターもエントリー可能となったことから、激戦となっているところだが、これでますます拍車がかかるのは必至。なお、「ゆるキャラグランプリ」公式サイトでは10月9日7時現在、途中経過のランキングは「集計中」と表示されるのみで、順位や得票数は見られないようになっている。投票は11月8日までで、残り1カ月を切ったタイミングでの思わぬ“強敵”の出現に、他のゆるキャラも戦々恐々!? 
(R25編集部)

「巨人くん」が“ゆるキャラ”参戦はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
黒板手描きの「進撃の巨人」
ふなっしー 服の色は「オーム体液」
「ご当地キャラ総選挙」投票募集中
あら1GP「バターぬりえ」って?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP