ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加護新ユニットに「今更」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年8月15日、新たな事務所を立ち上げ、芸能活動再開を発表していた歌手の加護亜依(25歳)が、「みんなでつくるガールズプロジェクト」を始動させ、波紋を広げている。

【画像や図表を見る】

公式サイトによると、これは「ヴォーカルダンスユニットの全てを、ファンの力でつくり上げるプロジェクト」。メンバーはもとより、「楽曲、歌詞、衣装、振付け、ライブ選曲、演出など、ガールズユニットのすべてのアイディア」を広く募集し、すべてファンによる投票で決定していくという。

公式サイトには「メンバー」のほか「楽曲」「歌詞」「衣装」「ライブ選曲」というタグがあり、それぞれに今後募集する内容が掲載されている。「メンバー」では、15歳から21歳の女性を対象に、加護と組むユニットメンバーを2~4名程度募集している。

投票は、「投票会員」システムを採用。非会員でも1日1アクセスにつき1回投票可能だが、会員になれば、その他「投票ポイント」1消費につき1回投票可能。「投票ポイント」は、会員ログインやグッズ、ライブチケット購入で獲得できる。

発表を受けて、Twitter上には、

「おもしろそう」
「まじすか!楽しみ!」
「加護ちゃんがガールズユニット。。( ; ; )!嬉しい嬉しい嬉しい( ; ; )また加護ちゃんの歌って踊ってる姿が見れる( ; ; )」
「大人になって、再スタートしたいと言えるのは強いと思う。がんばってほしい」

と、期待と応援の声があがる一方で、

「今更ユニット組んで歌って踊って、ってういうのは、方向性が違う気がする…」(原文ママ)
「いまさら新規勢力つくっても遅い気が」

など“今更”という声もあり、賛否両論。ほかにも、「加護自身は25歳という年齢ながら、メンバー募集は15歳から21歳」ということにツッコむ投稿も多数寄せられているが、一児のママでもある加護が、どのようにユニットを引っ張っていくのか、ネットユーザーの間でも注目が高まっているようだ。
(R25編集部)

加護新ユニットに「今更」の声はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
辻希美&加護亜依 展示会で遭遇?
武田鉄矢「食べドル」プロデュース
モー娘。のニュース写真に幽霊?
復活するための条件とは
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。