ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハフィントンポストがノーベル文学賞のアリス・マンロー(カナダ)を韓国系と報道 デマ情報を見て釣られるも謝罪なしでしれっと訂正

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨日発表された2013年ノーベル文学賞のアリス・マンローさん。ほかの有力候補者には村上春樹さんが挙がっていたが今回は惜しくも逃してしまった。そんなノーベル文学賞受賞者のアリス・マンローさんをハフィントンポストが“韓国系”と報道していることが判明した。
この原因としてはアリス・マンローの『Wikipedia』に誰かがイタズラして韓国系だったというデマ情報を記載。それがネットでも拡散し中には本当に騙された人も多かったようだ。ハフィントンポストの記者はいずれかの情報を見て「韓国系」と掲載したと思われる。しかし数時間後なんの訂正のお詫びもなしに、しれっと該当箇所を訂正しているのである。訂正前の記事を見た人は『Twitter』で「ハフィントン・ポストのノーベル文学賞の記事に『受賞したマンローさんは、1931年生まれの韓国系カナダ人作家』とある」、「ハフポストさん間違っとるよ。」と突っ込みされている。

ノーベル文学賞、村上春樹さん受賞逃す カナダのアリス・マンローさん



該当ツイート
http://twitter.com/kaoruww/statuses/388296714311856128
http://twitter.com/dice_que/statuses/388306663091863552

追記:2013年10月11日 16:49

ハフィントンポストが2013年10月11日15時39分にお詫びと訂正を掲載しました。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP