ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TAFとACE、東京都を外した完全民間主導の「AnimeJapan 2014」開催へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「東京国際アニメフェア [TAF]」と「アニメ コンテンツ エキスポ [ACE]」は、来年2014年3月22日(土)・23(日)の2日間、東京ビッグサイトで、2イベントを合流させた「AnimeJapan 2014」を開催すると発表した。

イベント運営は新たに組織されたAnimeJapan実行委員会に、両イベントの制作スタッフが集結するかたちで行われる。

【関連:「アニメ コンテンツ エキスポ 2012」来年3月に開催決定】

TAFはアニメ産業の振興を目的に東京都主催で2002年から毎年3月頃開催されていたが、2010年に東京都議会で「東京都青少年健全育成条例改正」が可決したことをうけ、条例に反対する角川・講談社・集英社ら多くの企業がTAF2011の出展をとりやめる事態に発展。

そしてTAFに参加しない企業を中心にACE2011の開催が決定。場所は千葉県・幕張メッセが予定されていた。
ただ、2011年は東日本大震災の影響があり、両イベントともに開催中止。
そしてACEは翌2012年に念願の第1回を開催、続けて2013年には第2回が開催された。

そうした因縁の2つのイベントが、再び合流することとなった今回の「AnimeJapan 2014」では、これまでTAF主催を行ってきた東京都は外れ、アニメ業界主導の民間イベントとして新たにスタートを切る。

なお、第1回開催の集客目標は10万人。入場券は来年2月から発売開始される。

【AnimeJapan実行委員会】
株式会社アニプレックス、株式会社アニメイト、株式会社KADOKAWA、キングレコード株式会社、株式会社サテライト、株式会社サンライズ、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社、株式会社小学館集英社プロダクション、株式会社手塚プロダクション、東映アニメーション株式会社、株式会社トムス・エンタテインメント、株式会社日本アドシステムズ、日本アニメーション株式会社、バンダイビジュアル株式会社、株式会社ぴえろ、株式会社プロダクション・アイジー、株式会社フロンティアワークス、株式会社ポニーキャニオン、株式会社マーベラスAQL(19社/50音順)、及び、一般社団法人日本動画協会

「AnimeJapan 2014」オフィシャルサイト: http://www.anime-japan.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。