ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デヴィッド・ボウイ名盤「アラジン・セイン」の40周年を記念して最新リマスタリング盤が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫


デヴィッド・ボウイの名盤「アラジン・セイン」のリリース40周年を記念して最新リマスタリング盤が4月17日に発売された。1973年4月13日にRCAビクターよりオリジナル・リリースされた「アラジン・セイン」は、デヴィッド・ボウイにとって6作目となるアルバムで、デヴィッド・ボウイとケン・スコットの共同プロデュース。前作「ジギー・スターダスト」の成功でスターとしての揺るぎない地位を確立したボウイは、本格的なアメリカン・ツアーに進出し、次作となるこのアルバムのほとんどの曲が書かれた。

レコーディングは、ロンドンのトライデント・スタジオと、ニューヨークおよびナッシュビルのRCAスタジオにおいて、1972年10月6日から翌1973年1月24日にかけておこなわれた。本作はミック・ロンソン(ギター、ピアノ、バックヴォーカル)、トレヴァー・ボウルダー(ベース)、ミック・“ウッディ”・ウッドマンジー(ドラム)からなるスパイダーズのラインナップによる最後のアルバムとなる。その一方、ボウイの新しいコラボレーターとして、前衛ジャズピアニストのマイク・ガーソンが初参加しており、ボウイ自身もヴォーカルのみならず、ギター、ハーモニカ、キーボード、サクスフォンを披露している。

イギリスではこのアルバムは予約だけで10万枚に達し(ビートルズの全盛期以来の記録)、ボウイにとって初のナンバーワン・アルバムとなった。またアメリカでもビルボードのアルバム・チャートで最高位17位を記録した。

今回の40周年記念エディションは、ロンドンのAIRスタジオでレイ・スタッフによってリマスタリングされた。彼はトライデント・スタジオ時代にオリジナルLPのカットも手がけた人物で、昨年発売された「ジギー・スターダスト」40周年記念エディションのリマスタリングでも高い評価を受けている。

デヴィッド・ボウイ「アラジン・セイン 40周年記念盤最新リマスタリング」収録曲
01 あの男を注意しろ
02 アラジン・セイン(1913~1938~197?)
03 ドライヴ・インの土曜日
04 デトロイトでのパニック
05 気のふれた男優
06 時間
07プリティエスト・スター
08 夜をぶっとばせ
09 ジーン・ジニー
10 薄笑いソウルの淑女

Information ■リリース情報

アルバム「アラジン・セイン 40周年記念盤最新リマスタリング」
2013年4月17日発売
TOCP-71510 2,500円
解説:歌詞:対訳付 デジスリーヴ仕様
商品詳細ページ:http://smarturl.it/david-bowie

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP