ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovo、液晶部分が360度回転する“IdeaPad Yoga”のAndroid版「IdeaPad A10」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovoが、液晶部分が360度回転する“IdeaPad Yoga”のAndroid版「IdeaPad A10」を開発しているようです。「IdeaPad A10」はまだ発表されていませんが、Amazon.deが既に商品ページを公開しており、PCWorldがLenovo広報より今後発売される製品との情報を得たと伝えています。IdeaPad A10はAndroid 4.2を搭載した10.1インチ液晶のネットブックなのですが、液晶部分が背面まで回転する独特な仕組みを持っています。IdeaPad Yogaシリーズと同様にノートPCとしての使い方のほか、Tent Mode、Stand Mode、Tablet Modeの4つの操作モードを備えていることでしょう。Amazon.deで公開されているスペックは、10.1インチ1366 x 768ピクセルの液晶(タッチパネル付き)、Rockchip RK3188 1.6GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、16GB ROM、前面に30万画素カメラを搭載し、Wi-FiとBluetoothに対応するということ。Amazon.de価格は€249(約33,000円)とけっこうリーズナブルです。Source : Amazon.dePCWorld



(juggly.cn)記事関連リンク
インド Lava、同社初のTegra搭載タブレット「Xolo Play Tab 7.0」を発売
Android 4.4“KitKat”で「位置情報サービス」の内容が変更、低消費電力モードや位置情報へのアクセスリクエスト履歴機能が追加
気象情報のクラウドソースサービス「pressureNET」のAndroidアプリがv4.0にバージョンアップ、アプリUI刷新、GPS/温度/湿度センサーもサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP