ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、5インチフルHDのホワイトマジックディスプレイを搭載した「ARROWS NX F-01F」を発表、10月24日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは10月10日、ドコモスマートフォンの2013年冬モデルとして、富士通モバイル製Androidスマートフォン「ARROWS NX F-01F」を発表しました。発売予定日は2013年10月24日で、本日正午より予約受付が行われています。「ARROWS NXシリーズ」の新モデルとなる今回のF-01Fは、5インチ1,920✗1,080ピクセルの液晶、Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコアプロセッサを搭載した大画面・ハイスペックモデルで、ワンセグよりも高画質でテレビ番組を視聴できる「フルセグ」に対応するほか、LTEでは、800/1500/1700/2100MHzの4バンド、Category 4 下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsのデータ通信にも対応しています。液晶パネルには従来の赤(R)緑(G)青(B)に、白(W)の画素を追加したホワイトマジック技術が適用されており、F-02Eよりも屋外での視認性は良く(最大輝度は800Nits)、同じ輝度でも45%低い消費電力で動作するそうです。また、3,200mAhの大容量バッテリーを搭載しており、フル充電で3日は持つとされています。カメラは背面に1,310万画素のExmor RS for Mobileを搭載。画像処理エンジン「GRANVU」との組み合わせによって高感度・低ノイズ化を実現しています。また、人の姿勢や端末の向きに合わせてシャッタースピードを高速にする「クイックオートフォーカス」、周囲の環境に合わせて発光量を自動調節することで暗所でも自然な明るさで撮影できる「インテリジェントフラッシュ」なども搭載。前面には130万画素カメラを搭載しています。。 OS:Android 4.2.2(Jelly Bean) サイズ:140mm × 70mm × 10mm、質量150g ディスプレイ:5インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(Full HD)、TFT液晶(WhiteMagic)、高画質化エンジン「Xevic」、1,677万色 プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコア GPU:Adreno 330 メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB 外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB) リアカメラ:1,310万画素(裏面照射型CMOS、AF、GRANVUエンジン、フラッシュ付き) フロントカメラ:130万画素(裏面照射型CMOS) FOMAハイスピード(HSPA):下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps Xi(LTE):下り最大150Mbps、上り最大50Mbps 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯)、Bluetooth v4.0、NFC(TypeA/B、FeliCa)、Wi-Fi Direct、DLNA(DTCP-IP対応)、赤外線通信(IrDA) 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、micro USB センサー類:加速度、ライト、デジタルコンパス、近接、ジャイロ、指紋リーダー、GPS/A-GPS バッテリー:3,200mAh 待受時間:670時間(LTE)、850時間(WCDMA)、670時間(GSM) 通話時間:780分(WCDMA)、780分(GSM) 実使用時間:未定 カラー:ホワイト、ブルーブラック、マゼンタ spモード:○ spモードメール:○ ドコモメール(クラウド):○ おサイフケータイ:○(FeliCa、NFC) かざしてリンク:○ ワンセグ:○ フルセグ:○ モバキャス(NOTTV):○ 赤外線通信:○ 防水:○(IPX5/X8) 防塵:✗ テザリング:○(Wi-Fiは最大10台) おくだけ充電:× WORLD WING:○Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One Maxが台湾の空港で激写される、指紋認証機能に関するチュートリアル画像も流出
ファイナルファンタジーVIのAndroid / iOS版が今冬にもリリースされるらしい
NTTドコモ、ドラゴンクエストとのコラボモデル「SH-01F DRAGON QUEST」を12月に発売、Android版「ドラクエVIII」をプリインストール

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP