ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモが「Xperia Z1 SO-01F」を発表、10月24日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは10月10日、ドコモスマートフォンの2013年冬モデルとして、Sony Mobile製Androidスマートフォン「Xperia Z1 SO-01F」を発表しました。発売予定日は2013年10月24日で、本日正午より予約受付が行われています。Xperia Z1 SO-01Fは、5インチフルHDのTriluminosディスプレイを搭載したSony Mobileのグローバルフラッグシップ「Xperia Z1」のNTTドコモ版です。NTTドコモ版では、ワンセグ、フルセグ、NOTTV、おサイフケータイ、赤外線通信(IrDA)、ドコモサービスに対応するほか、通信機能では、LTE(800/1500/1700/2100MHz)、LTE Category 4による下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsのデータ通信にも対応しています(1,700MHz帯)。本体は全体的にバランスのとれたOmniBalanceデザインと前後にガラスパネルを貼付けたフラット型の設計で、IP55/IP58の防水・防塵に対応しています。Xperia Zに似ていますが、フレーム素材がプラスチックからアルマイト加工を施したアルミ素材に変更、カメラシャッターボタンが追加、スピーカーは右側面から下部に移動するなど、細部は大きく変わっています。ディスプレイは5インチ1,920✗1,080ピクセルのTFT液晶。Sonyのディスプレイ技術”TRILUMINOS Display for mobile”や、モバイルBRAVAエンジン2をアップグレードした「X-Realityエンジン for Mobile」を搭載しています。プロセッサはSnapdragon 800 MSM8x74 2.26GHzを搭載。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は32GB、Micro SDカード(最大64GB)も利用可能です。Xperia Z1の特徴はなんといってもコンデジに匹敵するスペックを備えたメインカメラです。CMOSセンサーには2,070万画素の1/2.3型裏面照射型「Exmor RS for Mobile」を、レンズにはF2.0と明るく広角なGレンズを搭載、さらに、スマートフォンで初めてSony製デジカメにも採用されている画像処理チップ「BIONZ」も導入されました。前面には1080p動画の撮影も可能な200万画素カメラを搭載。カメラアプリも刷新され、撮影中の動画をFacebookのタイムラインでライブ配信できる「Social Live」、カメラプレビューから被写体の情報を検索できる「Info-eye」、シャッターボタンを押した前後1秒間に61枚の写真を撮影してベストな1枚を選定する「Timeshift Burst」などの新機能が追加されました。また、Xperia Camera Appというプラグインによってカメラ機能を拡張できるようにもなっています。このほか、SonyのNFC対応機器にタッチするだけで連携できるNFC通信機能「ワンタッチ接続」、スクリーンミラーリング(MHLとMiracast)、Throw再生、Claer Audio+、Claer Stereo、Clear Base、Clear Phase、ダイナミックノーマライザー、VPTサラウンド、xLOUD、PlayStation Mobileなどにも対応しています。 OS:Android 4.2.2(Jelly Bean) サイズ:144mm × 74mm × 8.5mm、質量171g ディスプレイ:5.0インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(Ful HD)、TFT液晶、Triluminos Display for Mobile、X-Realityエンジン for Mobile、1,677万色 プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHz(クアッドコア) GPU:Adreno 330 メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB 外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB) リアカメラ:2,070万画素(1/2.3型Exmor RS、シングルLEDフラッシュ、BIONZ画像処理チップ、F2.0 27mm Gレンズ、8倍デジタルズーム、おまかせプレミアムオート、HDRムービー撮影、無限連写、動画は最大1080p) フロントカメラ:220万画素CMOS FOMAハイスピード(HSPA):下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps Xi(LTE):下り最大150Mbps、上り最大50Mbps 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯)、Bluetooth v4.0、NFC(TypeA/B、FeliCa)、Wi-Fi Direct、DLNA(DTCP-IP対応)、赤外線通信 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、micro USB(MHL対応) センサー類:加速度、ライト、デジタルコンパス、近接、ジャイロ、GPS/A-GPS、GLONASS対応 バッテリー:3,000mAh 待受時間:610時間(LTE)、740時間(WCDMA)、600(GSM) 通話時間:720分(WCDMA)、760分(GSM) 実使用時間:未定 カラー:ブラック、ホワイト、パープル spモード:○ spモードメール:○ ドコモメール(クラウド):○ おサイフケータイ:○(FeliCa、NFC) かざしてリンク:○ ワンセグ:○ フルセグ:○ モバキャス(NOTTV):○ 赤外線通信:○ 防水:○(IPX5/X8) 防塵:○(IP5X) テザリング:○(Wi-Fiは最大16台) おくだけ充電:× WORLD WING:○ docomo Pallete UI:○ docomo LIVE UX:✗Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、LTE 150Mbps対応の10.1インチWQXGAタブレット「ARROWS Tab F-02F」を発表
Pantech、ペン入力機能と指紋リーダーを搭載した「Vega Secret Note」を韓国で発表
NTTドコモ、東名阪で下り最大150MbpsのLTEサービスを開始、まずは2013年冬~2014年春モデル11機種が対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP