ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新iPhone効果、auに追い風

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内携帯3社から発売となった、iPhone 5s・5c。同端末の発売は、各社の契約者数にどのような影響を与えたのか? 一般社団法人電気通信事業者協会(以後TCA)が10月7日に発表した「事業者別契約者数(9月末時点)」から、その一端がうかがえる。
それによると、2013年9月末現在、対前月比での契約者純増数は、NTTドコモが「-6万6800件」、KDDI(au)が「+23万2700件」、ソフトバンクモバイルが「+27万700件」。

【画像や図表を見る】

各社、8月末時点の純増数は、NTTドコモが「+4万3000件」、KDDI(au)が「+20万9200件」、ソフトバンクモバイルが「+25万300件」というペースだったことから、KDDIとソフトバンクモバイルが続伸する一方、iPhone参入で契約者増が噂されたNTTドコモは落ち込みが目立つ。

何より注目されていたのは、MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)転入出による増減。電話番号を変えず通信会社を変えるこの仕組みは、ユーザー評価に基づく「通信3社の通信簿」のようなもの。今回は新iPhoneの3社揃い踏みで注目が集まっていたが、各社ごとのMNP転入出数は、NTTドコモが「-13万3100件」、KDDIが「+11万800件」、ソフトバンクモバイルが「+2万2700件」。KDDIは転入者が大幅増となり、MNP転入数は24カ月連続で1位となった

背景にあるのは、iPhone5s・5cの発売を控え、au、ソフトバンクモバイルの2社が発売前から販売促進キャンペーンを強化したこと。一方のNTTドコモは、「iPhone5s・5c待ち」の買い控えが影響している様子。
加えて、今回大幅にMNP転入者を増やしたKDDIは、新iPhoneが800MHz帯に対応したことで、繋がりやすさに一日の長があることが報道され、追い風になったようだ。各社端末ラインナップの差異が薄れつつある今、ユーザーの”つながりやすさ志向”が高まっている可能性もある。

新端末はiPhone5sのゴールドを中心に品薄状態が続いており、MNP転入出への影響は10・11月も続くことが予想される。果たしてこの流れが続いていくのか、今後の展開が注目される。
(R25編集部)

新iPhone効果、auに追い風はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP