ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10月10日はトマトの日! 寒い季節に効果抜群の「焼きトマトダイエット」を始めよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「10」を「と」と読むことにちなんで、今日10月10日(木)は「トマトの日」だそう。
旬は夏で、身体を冷やす作用のあるトマトですが、栄養価が高く美容にも健康にも効果的だし、これからの季節にもおいしく食べたいもの。さらに、ダイエット効果にも期待したーい!
■焼きトマトダイエットって?
そこで紹介したいのが、これからの時期にピッタリな焼きトマトダイエット。やり方は簡単で、普通サイズのトマトを2個、空腹時や食前にオーブンやトースター、フライパンなどで焼いて食べるだけ☆
ミニトマトの場合、竹串に3~4個ずつ刺して焼き鳥のように焼けばOK。「2週間で2kg痩せた」「3か月で15kg減量」「自然に食欲が落ちる」などと、体験者の成功談も続出の「焼きトマトダイエット」。
でも、なんでそれだけで痩せるの?
■加熱することによっていいことだらけ♪
脂肪の吸収を妨げる酵素を含むトマトですが、生のままだと身体を冷やす「陰」の食べ物で、とくにこれからの季節、ダイエットを目指す女子はあまりたくさん生で摂取するのは避けたほうがよさそう。
でも、加熱することにより身体を温める「陽」の性質に早変わりし、リコピンの吸収率も2~3倍アップ。新陳代謝も上がり、余計な脂肪を溜め込まない身体になるという仕組みだとか☆
しかも、トマトは焼くと生のときより糖度が上がるので、食前に食べると満腹中枢が刺激されて早めに満腹感を感じられるんだそうです。
なお、ただ焼くだけではなく、炒めたり煮たりしてもOKで、とにかく加熱すれば上記の効果は得られるとのこと。食欲の秋、まずは食前に焼きトマトから召し上がってみてはいかが?
Grilled tomatoes image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
細胞レベルで若返る!? 週2日でOK の「ゆる断食」のスゴイ効果
ダイエットの味方! コレステロールゼロの「豆乳マヨ」でマヨラー脱却
太るのは日照時間が関係!? 効果的な「秋のダイエット術」を知ろう

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。