ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FXで年収数千万円だった桜塚やっくん バンドのために車移動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現場は「魔のカーブ」と呼ばれ、年間4~5件の事故が発生していた。セーラー服姿で竹刀を持った「スケバン恐子」のキャラクターで一世を風靡した桜塚やっくんが10月5日、自身がボーカルを務めるバンド『美女♂menZ』の地方営業へ向かう途中、運転していたワンボックスカーで単独事故を起こし、車外に出たところを後続車にはねられ死亡した。また、一緒に車外に出たマネジャーの砂守孝多郎さんも亡くなった。

 2010年に大手芸能事務所から独立後、同バンド(今年2月にバンド名を改名)を結成したやっくん。

「月平均で3~4本の地方営業を行っていました。関東近郊が中心でしたが月に1~2回は遠方へも行っていて、8月には秋田にも。移動は車でメンバーと交代で運転し、車内で寝ることもしばしば。11月には名古屋、大阪、東京でのイベントを控えていました」(関係者)

 やっくん本人は「FXなどで年収数千万円はあり、新幹線移動やホテル宿泊も充分可能だった」(前出関係者)というが、4人のバンドメンバーと一緒となると“弾丸”地方営業を余儀なくされていたようだ。遺体は7日、神奈川の実家に運ばれ無言の帰宅。葬儀は家族葬でお別れの会は未定だ。

※女性セブン2013年10月24・31日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
警察に抗議文を送った桜塚やっくん 一転強気になった理由
SKE48の顔・松井玲奈 ブレイクきっかけは『マジすか学園』
若手バンドマンを「ヒモ」にし同棲する女性たちの生態と心理

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP