体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エミネム新作は『The Marshall Mathers LP』の続編! 新曲“Survival”のPV公開

 

 

USのヒップホップ・シーンを代表するラッパーのエミネムが、ニュー・アルバム『The Marshall Mathers LP 2』を海外で11月5日にリリースする(日本盤は11月6日リリース予定)。

前作『Recovery』以来約3年ぶりのオリジナル・アルバムとなる本作は、そのタイトルからも分かる通り、彼が2000年に発表した大ヒット・アルバム『The Marshall Mathers LP』の続編にあたるもの。ジャケットのアートワークにはエミネムが10代の頃に住んでいた家屋の写真がふたたび使われている。〈Marshall Mathers(マーシャル・マザーズ)〉とはエミネムの本名のことであり、『The Marshall Mathers LP』に続いて彼の自伝的なテーマを多く含む作品となりそうだ。

 

 

収録曲の詳細はまだ明かされていないが、すでに2曲の先行シングルが発表済み。まず今年8月に公開された新曲“Berzerk”は、デフ・ジャムの創設者でもある重鎮リック・ルービンがプロデュースを担当。ビリー・スクワイア“The Stroke”やビースティ・ボーイズ“The New Style”などをサンプリングしており、オールドスクール魂溢れるナンバーだ。PVも巨大なラジカセなどが登場するユニークなもので、リック・ルービンやキッド・ロック、スローターハウス、ケンドリック・ラマーらがゲスト出演している。

 

 

もう一方の先行シングル“Survival”は、ヴィデオ・ゲーム「Call of Duty: Ghosts」のプロモート用に発表されたもの。前作『Recovery』にも参加したDJカリルがプロデュースしており、彼が率いるグループ=ニュー・ロイヤルズのリズ・ロドリゲスがコーラスなどで関わっている。こちらのPVは先日公開されたばかりで、「Call of Duty」の世界観を反映したような映像が挿まれたクールな作品に仕上がっているので、ぜひチェックしてみよう。

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。