ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、曲面ディスプレイを搭載したカーブデザインのAndroidスマートフォン「Galaxy Round」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは10月9日、曲面ディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「Galaxy Round」を正式に発表しました。Galaxy Roundは韓国で10月10日に発売される予定。他の国・地域での発売予定は明らかになっていません。Galaxy Roundは、Samsungスマートフォンの中では初めてフレキシブルLEDパネル“YOUM”を採用した機種で、曲げても割れない特性を利用してディスプレイが端末の縦を軸にして曲がった状態で搭載されています。次の写真のように端末がカーブしており、画面サイズは5.7インチ1,920✗1,080ピクセル(Full HD)ながらも片手操作もしやすいとされています。本体の厚さは7.9mm、質量は154gです。筐体デザインはGalaxy S4やGalaxy Note 3を継承しています。バックカバーはGalaxy Note 3のようにテクスチャーパターンとステッチの加工が施されており、レザーのような印象を与えるものとなっています。Samsungは背面もカーブしたGalaxy Roundのデザインを利用して“Roll Effect”と呼ばれる新機能を実装してきました。“Roll Effect”は、机やテーブルの上に置いたGalaxy Roundをわずかに転がすことで、画面上に時刻、不在着信、バッテリー残量などの各種情報を表示するというもの。Galaxy S 4のホバーアクションを転がす動作に置き換えたものです。このほか、音楽再生中に端末がスリープモードになっても、画面端をタッチすることでトラックを変更できる“Bounce UX”、端末を左右にチルトさせることで写真や動画のコンテンツリストにアクセスできる“Side Mirror”機能も追加しています。製品発表時点でフルスペックは公開されていませんが、Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、Android 4.3などを搭載しています。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One 18金バージョンが英国で披露される
Google、Nexus 7(2013)用スタンド機能付きケースを海外のGoogle Playストアで発売、日本では“準備中”
KDDI America、HTC OneのAndroid 4.3アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP