ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついやりたくなる?彼へのいたずらエピソード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

彼と一緒に過ごしているとき、ついいたずらをしたくなること、ありませんか?セキララ★ゼクシィが20~30代女性に行った調査では、なんと60%の人が「あります!」と答えてくれました。にやりとしてしまう、皆さんのかわいいいたずらはこちらです(笑)。

【画像や図表を見る】

<王道!おどかし系>
●「家でアイスを食べるときに、彼の背中にアイスをあてる」(29歳)
●「携帯電話の待ち受け画面を勝手にホラー画像に変えておいた」(36歳)
●「彼の通勤バッグにくまのぬいぐるみを隠してビックリさせた」(27歳)

<寝ているときこそチャンス!系>
●「熟睡しているときに鼻をつまんで起こして、自分は寝てるふり」(25歳)
●「寝ている彼の手の甲に指毛の大将と書いて驚かせた」(20歳)
●「寝ている彼の顔周りにぬいぐるみをたくさん飾った」(35歳)

<ふふ…、引っかかったな!系>
●「ふとした瞬間に『チャック開いてるよ』という」(29歳)
●「リビングの扉を開けて入ってこようとした時に、ちょうど目線の高さにぬいぐるみをぶら下げておいたら、悲鳴をあげてました」(33歳)
●「水筒の裏に『俺は群れない』と書いてあるシールをはる」(27歳)

<これも愛情表現…?系>
●「最近お腹が出てきた彼のお腹に寝ている間、顔を描いてあげた」(33歳)
●「バレンタインのときのお弁当を、上下ともチョコレートケーキにした」(28歳)
●「洗濯をするので片っ端から洗濯物を回収、パンツ一枚で洗い物をしている彼のパンツを後ろから強引に脱がせて洗濯」(42歳)

いや~ん、とっても楽しそうです。彼のビックリした顔と、皆さんの「してやったり!」という光景が浮かびます(笑)。

ちなみに、いたずらをしたときの彼の反応はどうだったかというと、67%が「笑っていた」そうです。安心、安心!

また、「トイレのドアをいきなり開ける」→「ビックリしていてそれからはしっかり鍵を閉めるようになった」(25歳)、「目つぶし!といきなりやってみた!」→「笑って反撃された」(27歳)という具体的な彼の反応のエピソードも。彼もやられっぱなしではないところがおもしろいですね。

皆さんのコメントを読んで、笑えるいたずらはふたりの距離を近づけるちょっとしたスパイスなのかもしれないなぁと思った、今回のセキララ★ゼクシィでした(笑)。

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』
(R25編集部)

ついやりたくなる?彼へのいたずらエピソードはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
“誘いの合図”は男の勘違い!?
ちょいモテマジック【コイン編】
知られざる謎のアレルギーにご用心
女性には“猫なで声”が効果的!?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP