ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブレイク必至アジア美女を青田買い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世は「アイドル戦国時代」。日本国内のみならずK-popアイドルが人気なのはご存じの通りだ。しかし、今後注目したいのは、韓国以外のアジアの地域からやってくるモデルやタレント。

【画像や図表を見る】

というわけで、アジア美女を紹介しているサイト「Asian Beauty Project」を運営する東寛人さんに今後ブレイクしそうなアジア美女を教えてもらうことに!

・ピムプロイ・ティタリーさん(タイ) 
「本国で日産やマツダのレースクイーンとして活躍している彼女は、タイで有数の名門校に通う現役女子大生でもあるんです。才色兼備を地でいきながら、夢は世界でモデル活動をすること。すでに現地では、雑誌にもモデルとして登場しています」

・ジャニーン・トゥゴノンさん(フィリピン)
「2012年度のミスユニバースで準優勝をした彼女は、現地でもすでにテレビなどに出てモデルとして活躍しています。世界で活躍することを目標としているので、日本でもお目にかかれる日が近いかもしれませんよ」

・ ・マンディー・タンさん(シンガポール)
「モデル業をこなしながらシンガポールの有名校でマネジメントを専攻しています。この夏からは東京へ留学してきていて、日本への興味は高いそう。ムエタイを真面目に習う長身美女で、現地ではCMや雑誌で活躍中。シンガポールのセントーサ島のビーチでの日光浴が好きなようで、小麦色に焼けた肌が印象的。日本人も夢中になりそうな笑顔が魅力です」

注目の美女はたくさんいるんですね! では、アジアの国ごとに特徴はありますか?

「例えば、台湾は、“キレイ”よりも“かわいい”ということが重要なので、現地で活躍しているモデルやアイドルは肌が白く幼いイメージの人が多いです。対照的なのは、ミャンマーとフィリピンです。どちらもK-popが国内で人気ということだけあって、現地ではK-popアイドルのように、細身でファッションにも気を遣っている子が多いんです。フィリピンは特に美意識が高い国なので、いかに自分を美しく見せるかということをすごく考えてますね」

さらに、「これからの注目はタイの美女」と東さん。

「最近タイから日本にくるビザの規制が緩くなったので、これを機に日本に仕事や留学をしにくる子が多くなるかもしれません。しかもタイは毎年ミスユニバースやミスワールドの上位常連の国。トップクラスの美女がいる国なので期待できますよ」
 
今回紹介したアジア美女を覚えておくと、近い将来日本で活躍し始めたときに自慢になるかもしれませんよ。
(キンモク星司/short cut)
(R25編集部)

ブレイク必至アジア美女を青田買いはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
熟練スカウト「スターの卵」発掘術
なぜタイはニューハーフに寛容?
「メイド喫茶」バンコク進出の勝算
男の娘写真集に「3次元はナシ」
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP