ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子が嫌う「映画トークNG」は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

気になるあの子と初めての映画デート。観終わった後に感想を語り合えば会話も弾むし、自然と距離も近くなるはず。しかし半面、的外れな感想を述べてしまうと、ガッカリされてしまうかも…。映画の感想をうまく語って、好感度を上げるにはどうすればいいのか? 映画批評家の前田有一氏にコツを聞いてみた。

【画像や図表を見る】

「まず、理解しておきたいのは、映画にはジャンルごとに決まった法則があるということ。例えば、『スーパーマン』や『スパイダーマン』に代表されるようなアメコミは、ほぼ例外なく“その時々に世の中で起きている問題”を描いています。それも、ほとんどがヒーロー=アメリカ、悪役=敵対国という構図になっている。政治や経済に詳しければ、その構図を時事問題に絡めて分かりやすく説明してあげると、知的な印象を与えられるのではないでしょうか。またラブコメの場合、ハッピーエンドが鉄則です。なので、結末の良し悪しを語ったところで話は長続きしません。その結末に至るまでの展開をしっかり把握して、登場人物の意外な行動などを指摘すると、彼女も意見が言いやすく話が盛り上がると思います」

また、印象的な芝居をした俳優をひとりピックアップし「この作品は○○(俳優名)を観るための映画だったね」なんて斬り込んでみるのもオススメ。前田さんによれば「これは、プロの映画評論家も使うキラーワード」なのだとか。その際、主役よりも三番手くらいの役者を褒めることで、独自の着眼点をアピールできるそうだ。

一方、NGなのは「自分の主観で感想を言ってしまうこと」だという。

「最近の映画は緻密なマーケティングにより、ターゲットを細かく設定しています。そのため、ハマらない人にとっては、全然楽しめないものも多いんです。ということはつまり、自分がつまらなかったとしても、彼女は大いに共感している可能性もあるわけです。そこで否定するような感想を述べてしまえば、『この人とは趣味が合わない』と心を閉ざされてしまいます。重要なのはターゲットの心情を想像しながら観ることです。例えば『SEX AND THE CITY』であれば、ニューヨークで生活する主人公たちに憧れる女性の気持ちで観る。アイドル映画であればアイドルの表情のどこがよかったかを、ファンの気持ちになって観る。そうすれば感想のポイントも変わってくると思いますよ」(同)

自分の意見を押し付けるのではなく、様々な観点から映画を語ることができれば、きっと好感度もアップするはず。彼女に「私とは相性が悪いかも」と思われないためにも、ぜひ覚えておきたい。

(末吉陽子/やじろべえ)
(R25編集部)

女子が嫌う「映画トークNG」は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
iPhone5s新機能の使用感は
iPhone争奪戦2013を追う
5s5c、選べる通信会社にau人気
新iPhone 3社の料金比較
新型iPhone発表会リポート

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP