ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実は逆効果!?健康にまつわる勘違い

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 「○○を食べると体にいい」「○○は健康を阻害する」など、世の中には健康にまつわる言説が溢れています。
 そのほとんどはもっともらしく、健康に不安がある人ほどつい「試してみるか」と思ってしまうものですが、それらの中にはまちがっているものもあると指摘するのが、女性治療家塾「ヘルメス」の塾長で『「3つの体液」を流せば健康になる!──血液・リンパ液・脳脊髄液のしくみと流しかた』(自由国民社/刊)の著者、片平悦子さんです。
 片平さんはこの本で、血液・リンパ液・脳脊髄液などの「体液」が健康に対して担っている大きな役割を説くと同時に、実は間違っている健康にまつわる言説にも触れています。

■水を多量に飲むと○○に負担が
 「水をたくさん飲むようにすると、代謝がよくなって健康にいい」という、広く知られた言説があります。これはいかにも正しそうに思えますし、頻繁にトイレに行くようになりますから、代謝が良くなった気にもなります。
 ただ、これが「健康にいい」かというと、そうとも言えないようです。
 頻繁にトイレに行きたくなるほど水を飲むのは、水分のろ過装置である腎臓に大きな負担をかけます。
 その結果、腎臓が疲れた状態になり腎機能が低下、気力がでなかったり、根気がつづかなかったり、腰痛が出たりといったことになります。
 また、水を大量に飲むと体が冷え、体全体の臓器の機能低下にもつながります。水を飲むこと自体は悪いことではないのですが、できるだけ常温で飲む、口に水を含んだら少し口の中で温めてから飲み込む、トイレが近くなるほど飲むのは避ける、といった配慮が必要です。

■急な思いつきの運動はやらない方がマシ
 「運動は健康にいい」というのも、疑う人はあまりいないはず。
 しかし、これまで運動をしてこなかった人が運動を始めて、しかも継続するというのはかなり大変なことです。結局三日坊主で終わってしまったという人は少なくないでしょう。
 この三日坊主がよくありません。
 片平さんによると「一番体に負担なのは、激しく心拍数を上げることを時々思い立ったように行うこと」。最低週に2日以上できないのであれば、いっそやらないほうがいいのだそうです。
 それよりも、床掃除をしたり、エレベーターはやめて階段を使うなど、ほんの少しの運動を日常的に取り入れた方が、健康維持という観点では効果的だといいます。

■「痛みが消えた=治った」は勘違い
 たとえば、何か月か苦しんでいた腰の痛みが、投薬によって消えた時、私たちはそれを「腰痛が治ったサイン」だと思ってしまいがちです。
 しかし、これは危険な勘違い。「痛みが消えた=治った」ではありません。
 この場合、投薬によって痛みが治まっているだけであって、痛みの原因にアプローチしたわけではありません。しかし、若いうちは痛みが治まれば動けますし、少し休むと回復するので、この勘違いになかなか気づけないまま、薬を飲んでは無理を重ねてしまうケースがあります。
 その“つけ”は体に無理が利かなくなる40代ごろから「何をやっても良くならない」状態となってあらわれるのです。

 健康とは、少しくらい調子を崩しても自力で回復する“自然治癒力”の高い状態です。
 本書では、その状態を作るためのポイントとして「体液を滞留させずに流すこと」を挙げ、その方法を解説しています。
 病気にならない体を作るというだけでなく、肩こりや頭痛などにも効果的なので、慢性的な体の不調に悩まされているという人は、試してみるといいかもしれません。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
意外に知らない「汚い部屋」の恐ろしいデメリット
脳がうつ状態と同じに?睡眠不足の危険性
「寝だめ」が体に良くない理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP