ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

出所の許永中氏 100kg超だった体重が30kg以上やせたという

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国・ソウルの玄関口である仁川空港から車で約1時間。ソウル南部矯導所は、2年前に移転したばかりで、その外観は刑務所というより、新築の芸術ホールか、スポーツ施設のような印象を受ける。収容人数は1100人。刑期が短い受刑者が中心に服役している。医療施設など最新の設備を備えたモデル刑務所だけに、韓国の元国会議員や財閥関係者など大物の囚人も多いという。

 戦後日本の経済犯罪史に名を刻む韓国籍の実業家・許永中(きょえいちゅう・66)氏が服役していたのも、この矯導所だった。

 9月30日のソウルは早朝から雨がぱらついていた。それが直前に止んだ午前10時ちょうど、矯導所のゲートを1台のバスが通過し、目の前の駐車場に止まった。釈放される受刑者が次々に降りてきて、出迎えの家族が取り囲む。10人ぐらいの出所者に続いて青いマスク姿の許氏が姿を現わした時、収監前の彼の姿を知っている関係者は息を呑んだ。

 許氏は身長180センチ、体重100キロをゆうに超える巨漢だった。だが、長期の服役を経て、別人のようにすっかり痩せていた。30キロ以上も減ったという。ただ、金縁の眼鏡の奥に見える眼光の鋭さは、「闇の帝王」「裏社会の代理人」「日本財界の陰のフィクサー」など、様々な異名をほしいままにした1999年の身柄拘束当時と変わりはない。

 許氏は何も語らず、出迎えた親族が用意した車に乗り込んだ。そして検査のために病院に向かった──。

※週刊ポスト2013年10月18日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
出所の許永中氏「日本でやることたくさんある」と決意を語る
深夜にお腹がすいたら「キムチ納豆がお勧め」とみよこ明洞さん
男も韓国へ KARAニコルの美人母経営の高級焼き肉店inソウル

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP