ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 ホワイトハウス風建物など世界中の技術・文化の粋結集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の国営車両メーカー「南車集団」は高速鉄道開発のパイオニアだ。車両の中身は日本の東北新幹線「はやて」とほぼ一緒。“偶然の一致”ということで、現在、国際特許を申請中である。

「BYD」をはじめとする中国の自動車メーカーは、毎日が世界の錚々たる名車を集めたモーターショーのようだ。日本のメーカーはもちろん、BMW、ベンツ、ハマーなどと瓜二つの車が自社ブランドとして発売されている。

 世界に名だたる建築物も中国に集まっている。

 湖北省武漢市の「武漢商貿職業学院」の校舎はどこからどう見ても米ワシントンのホワイトハウスで、図書館はエジプトのピラミッド。さらに校内には、米国の自由の女神像とマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏の像が並び立つ。今年に入ってネットなどでは「パクりすぎだろ!」といういわれなき批判の声があがったが、副校長は「設立から11年も経つのに、何を今さら」と一蹴した。

 日本のアニメ、ドラえもんやポケモンのキャラクター(にソックリ)の着ぐるみが中国のテーマパークを練り歩いていたことは記憶に新しいところだろう。中国に行けば世界がわかるとは、本当のことのようだ。

※週刊ポスト2013年10月18日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本の家電 中国勢か台湾勢の傘下に入るしかないと大前研一
米国製軍用ジープを丸パクリした中国製軍用ジープの写真公開
中国のネットで「南鳥島も古来より中国領土」との意見出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP