ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『mixi日記』が製本出来る画期的なサービス! 黒歴史を製本なんて誰が望むの?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


かつて日本最大手のSNSだった『mixi(ミクシィ)』が画期的なサービスを発表した。そのサービスとは『mixi日記』を製本して購入できる『mixiダイアリーブック』である。『mixi日記』を日々書いてきた人は膨大な量になっている人も多いだろう。中には過去の膨大な日記を製本して一生手元に置いておきたいと思った人も多いのではないだろうか。

そんな人のためにこの『mixiダイアリーブック』が提供された。『mixiダイアリーブック』は4種類のサイズと印字はモノクロとカラー印刷から選ぶことができる。表紙デザインは『mixi』がデザインしたテンプレートから選択する方式。もしくは自身の写真を使うことも可能。

しかし中には『mixi日記』を製本するなんて黒歴史だという人も居るはず。むしろ一気に日記を削除できるツールを作って欲しいくらいである。『mixi』全盛期は「○件の日記に対して新着コメントがあります!」と赤字文字で表示されるだけで嬉しかったものである。それを頻繁にチェックするために常にログインしまくるという中毒者もいたほどだ。
今回の『mixiダイアリーブック』は日記に寄せられたコメントやイイネも製本されるらしく、当時の盛り上がりも記念として残るぞ。あんなコメントも残ってしまう?

mixi日記を製本して購入できる「mixiダイアリーブック」提供開始

■mixiダイアリーブック詳細

本のサイズ:ポケット版(A7変形 横)、文庫サイズ(A6)、標準サイズ(B6)、週刊誌サイズ(B5)
印字色:モノクロ、カラー
装丁スタイル:並製本とハードカバーの上製本を選べます。上製本にはブックカバー付き
フォント:ゴシック体、明朝体、教科書体、丸ゴシック、手書き、ペン字
表紙:mixi公式表紙を含む豊富なテンプレート、指定した写真での表紙作成
価格:条件やページ数により価格は変動します。
(例)
100ページ・標準(B6)サイズ・カラー印刷×1冊の場合: 3,270円(送料別)
100ページ・標準(B6)サイズ・モノクロ印刷×1冊の場合: 1,370円(送料別)
※出来上がる本のページ数は、1冊あたり50ページ以上480ページ以内です。
※50ページに満たない場合(目次は除く)、50ページに達するまで空白ページが追加されます。

訂正:2013年10月9日 15:40

日記のコメントやイイネは製本されるとのことです。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP