ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タワーイチ押しの若手4組が競演! 〈NEW TOWER GENERATION〉ライヴレポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

期待の新世代アーティストたちをタワーレコードならではの視点でピックアップし、発信していくショーケース企画〈NEW TOWER GENERATION〉。その2013年版を今年9月に東名阪の3会場で実施し、好評のうちに終了しました。ここではその最終日にあたる9月29日の東京・タワーレコード渋谷店B1F〈CUTUP STUDIO〉公演の模様をレポートします!

 

Drop’s(写真:後藤壮太郎)

 

今回は、日本各地から登場した新進気鋭のバンド4組が参加。東京公演でのオープニングは、北海道は札幌で結成された本格的なブルース・ロックを鳴らす女子5人組バンド、Drop’sが飾りました。渋いブルース・ナンバーを出囃子にステージに現れた5人は、ファースト・アルバム『DAWN SIGNALS』の1曲目に置かれていた“RED IDENTITY BAND”からライヴをスタート。中野ミホ(ヴォーカル/ギター)のハスキーで力強い歌声と、メンバー全員がまだ20歳そこそことは思えないほど熟成された、厚みのある演奏で会場をロックします。

そこから間髪入れずに8ビートのアップ・チューン“JET SPARK”へとなだれ込み、続く“STRANGE BIRD”ではファンキーなキーボードとブレイクを挟む熱い展開でさらにテンションをアップ。MCでの訥々と話す様子からは初々しい印象を受けますが、パフォーマンスはヴェテラン顔負けのギラツキ感で、その豹変ぶりには驚かされます。哀愁を帯びたエモーショナルなスロウ・ナンバー“カルーセル・ワルツ”ではワルツ風の三拍子に転調する構成でアレンジの妙も見せ、最後はタワー限定シングルとして好評を博した人気曲“太陽”でビシッと締め括りました。

 

ドラマチックアラスカ(写真:後藤壮太郎)

 

2番手はロック・シーン期待のニューカマーとして注目を集める神戸発の4人組、ドラマチックアラスカ。アンビエントなSEに乗って登場した彼らは、そこから一閃、キャッチーなメロディーとスピード感溢れるアレンジが一体となった“01”でフロアを一気に盛り上げます。ベースのゴリゴリとしたリフに牽引されるように演奏の熱量が高まっていく“エキセントリックアルカホリック”では曲に合わせて手拍子が巻き起こり、オーディエンスも体を揺らせてノリノリに。

渋谷でライヴをやるのは1年ぶりだという彼ら。その時はお客さんがゼロ(!)で苦い思い出になったようですが、今回はドラマチックアラスカのバンドタオルを首に巻いたお客さんもいて、その名前は東京でも着実に浸透している模様。ヒジカタナオト(ヴォーカル/ギター)の「突っ走っていきたいです!」という高らかな宣言通り、“和心”“それでも生きている”といったストレートなギター・ロックで一気に駆け抜けると、セカンド・ミニ・アルバムの発売決定の告知を挟んで最後は“星になる”を熱演。サビの〈キラキラ光る星になれ~♪〉という部分のコール&レスポンスで会場に一体感を生み出し、最高潮のなかでステージを去りました。

 

トレモノ(写真:後藤壮太郎)

 

そして3番目に登場したのは、タワー独自のアーティスト発掘オーディション〈Knockin’on TOWER’s Door〉の第3回でグランプリを獲得し、今年7月に初の全国流通盤『TropiCarnival』を発表した沖縄は石垣島出身の4人組バンド、トレモノ。タワータオルを手にステージに上がった彼らは、南国風のトロピカルなリズムがご機嫌なナンバー“会いに行くよ”からライヴを始めます。続く“ナチュラル”でも木田龍良(ヴォーカル/ギター)の伸びやかなハイトーン・ヴォイスが、軽快なバック・ビートや滑るようなギター・ソロと溶け合いながら極上の空間を作り上げ、お客さんも横揺れで気持ち良さげな雰囲気に。

この日の会場だった〈CUTUP STUDIO〉は前述のオーディションの最終選考が行われた、彼らにとっては思い出深い場所。「帰ってきたよ、カットアップ!」と元気いっぱいに声を上げ、メロディーの良さが際立つメロウ・チューン“波打ち際のメロディ”や、ソカっぽいリズムの底抜けに明るくてハッピーな“ジャンボリー”など、レゲエやラテン、ファンクなどを消化したトレモノ流のポップ・ソングを満面の笑顔で楽しそうに演奏していきます。締めの“パラダイス”では飛び跳ねながらのパフォーマンスで盛り上げ、ピースフルなヴァイブスを撒き散らしながらライヴを終えました。

 

THE NAMPA BOYS(写真:後藤壮太郎)

 

この日のトリを務めたのは、メンバー全員20歳ながら早くも結成8年目という長野・松本出身の4人組、THE NAMPA BOYS。小林聡里(ヴォーカル/ギター)の「シブヤー!」というシャウト共に、前のめりなロック・チューン“到来”でいきなり沸点へと到達します。小林の言葉を吐き捨てるような歌い方がクセになる“螺旋インセクト”、轟音ギターから一転、光が射すようなメロディーが印象的な“プランジ”と、ダイナミックな部分を残しながらも緩急の効いた演奏でオーディエンスを否応なく引き付けるあたり、とてもまだ20歳とは思えません!

「こんばんは、小林幸子です」と挨拶してスベるも、引き続き思いつくままに適当なボケをかます、小林のロック・スピリット溢れる恐れ知らずなMCに続いては、10月9日にタワー限定でリリースされるミニ・アルバム『バトルズ』より、会場がジャンプで応えたアップ・チューン“悪魔”、シンガロングなパートを織り交ぜた“MAKEINU SONG”と熱いナンバーを畳み掛けるように披露。そして先日YouTubeにてライヴ映像が公開されたばかりの新曲“夜明けの太陽”をパフォーマンスし、熱気が渦巻くなかライヴは終了。アンコールの声に応じて再びステージに現れたバンドは、小林のスベりまくりなMCで新作と東京および大阪でのワンマン・ライヴ決定を告知し、最後に「NAMPA BOYS史上もっともホットな曲!」(小林)だという“キャンバス”で、その言葉通り超ホットにイヴェントを締めました。

 

写真:後藤壮太郎

 

終演後はこの日の出演アーティスト全員がステージに登場し、お客さんといっしょに記念撮影。「NEW TOWER GENERATION!」という掛け声と共に写真を撮って大団円となりました。

 

〈NEW TOWER GENERATION 2013〉@ タワーレコード渋谷店 CUTUP STUDIO 2013.09.29
【Drop’s】
1. RED IDENTITY BAND
2. JET SPARK
3. STRANGE BIRD
4. カルーセル・ワルツ
5. 太陽

【ドラマチックアラスカ】
1. 01
2. エキセントリックアルカホリック
3. 和心
4. それでも生きている
5. リダイヤル
6. 星になる

【トレモノ】
1. 会いに行くよ
2. ナチュラル
3. 波打ち際のメロディ
4. ジャンボリー
5. パラダイス

【THE NAMPA BOYS】
1. 到来
2. 螺旋インセクト
3. プランジ
4. 悪魔
5. MAKEINU SONG
6. 夜明けの太陽
EN. キャンバス

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。