ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンを裏返しただけのマクドナルド新メニュー『マックトースト』を自作してみた結果!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


10月4日から全国のマクドナルドで販売開始された『マックトースト』。100円で販売されたこのメニューは通常のバンズを裏返しただけというインパクト強烈な商品。中にはチェダーチーズにカナディアンベーコンが挟まっているという実にシンプルな構成。100円なら納得いく中身だろう。

しかし通常のバンズを裏返しただけなら我々でも作ることができるのではないか? そう思いつき早速実行に移してしまった。バンズはマクドナルド既製品を入手。入手方法はハンバーガー単品をケチャップなどソース無しを注文。それを裏返して使用。

チーズとベーコンはコンビニで売っていたスライスチーズとハムで代用。カナディアンベーコンは軽く火を通してから挟んでいるとのことなので、実際にその通りに作ってみる。フライパンで軽く焼き火が通ったと思ったら今度はチーズ2枚とバンズを裏返して挟み、再度フライパンでトーストする。バンズは既に焼かれて居る物が出荷されているが、再度焼くことによりパリっとした食感が得られる。

完成したのが上記の写真である。マクドナルド既製品の物よりふっくらしており、焼き加減も自分で調節可能。何より焼いたことにより食感がパリっとしているのである。味の違いはチーズで、既製品はチェダーチーズなためやや主張している。自作で使ったチーズはスライスチーズなのでクロックムッシュのような味になってさっぱり感がある。というよりこれまんまクロックムッシュでは? なにより自作の『マックトースト』は潰れた感じがないので見た目もよろしい。

カナディアンベーコンとハムの違いはそれほど変わらず、むしろ食感やチーズの差の方が大きい。このように誰でも簡単に作ることができる『マックトースト』。『マックトースト』をテイクアウトで持ち帰った人はフライパンで軽く焼くと食感がぱりぱりになってより美味しくなるかもしれないぞ。

今回は材料が違うので値段の比較は出来ないが、仮に同じ材料を揃えたとしてもかなり安くできるはずだ。


マクドナルドが客をバイトにスカウトするキャンペーン実施中! 「フリーターや無職っぽい人に声をかける」

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP