ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンケーキ市場 コンビニやたこ焼き店も参入してブーム拡大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パンケーキブームが広がりを見せている。2010年、ハワイの人気店「Eggs’n Things(エッグスンシングス)」が東京・表参道に日本初上陸。その後もハワイやニューヨークなどの専門店が続々登場、今年に入って「エッグスンシングス」の大阪心斎橋店がオープンするなど、全国にその熱が伝播している。“上陸系”が牽引してきたこのブーム、最近ではコンビニや異業種からの参入も相次ぎ、様々な形で私たちの生活に根付きつつあるようだ。

 ローソンが9月から発売開始した「厚焼きパンケーキ」(350円)は温めて食べる本格派だ。絞り袋に入ったホイップクリームが別で付いており、好みの量だけかけて甘さの調節ができる。同月ファミリーマートは「スフレ仕立ての窯焼きパンケーキ(チョコバナナ)」(290円)を発売した。窯で焼き上げたケーキの厚さが目を引く。コンビニスイーツの市場は2013年、前年2.5%増の1812億円が見込まれている(富士経済調べ)。パンケーキが市場拡大の新たな目玉となる可能性もありそうだ。

 ハワイやニューヨーク発のお洒落系専門店が活況を呈するなか、大阪生まれのあの料理店もパンケーキに目を付けた。たこ焼きを販売する「築地銀だこ」だ。7月に関東にオープンした「銀だこカフェ」では、主力商品のたこ焼きのほか、たい焼き型のパンケーキを提供する。たい焼きの形はしているものの中にあんこは入っておらず、上からクリームやバターをかけて食べる、一風変わった、ここでしか食べられないパンケーキである。

 コテコテ関西味とハワイの風薫るスイーツの同居は、一見相容れないようにも思えるが、どちらも“粉もの”(小麦粉をはじめとする、粉から作る食べ物)。江戸時代より粉ものは、日本の庶民が親しんできた味だった。ドーナツやバウムクーヘンなど、粉ものスイーツは過去にもブームを巻き起こしており、現在のパンケーキブームもその流れの一つと見ることもできる。ただ、他にはない特徴もある。

「パンケーキは、主食にもなるし、軽食にもなるし、おやつにもなります。その食べ方の幅広さが受けているのではないでしょうか」

 こう語るのは、栄養学博士で『野菜のたし算ひき算』(幻冬舎刊)など著書も多い白鳥早奈英さんだ。

「甘さを抑え、牛乳や野菜などと一緒に食べれば、栄養もきちんと取れる主食になります。一方、はちみつや生クリーム、フルーツソースなどとともに、スイーツとしても楽しめる。大きさや枚数によって量の調整も手軽にできます。忙しくて三度の食事がとれない方が増えたり、個食が増えるなど、あらゆる場面で食の多様化が進むなか、パンケーキの食べ方の広さは現代人に合っているのだと思います。焼くだけですから、作るのも簡単です。ホットケーキは昔からありましたが、名前を変えることで、新鮮さも出ましたよね」

 行列のできる専門店からコンビニの手軽な味まで、パンケーキ自体の幅も広がっている。ブームはまだまだ続きそうだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
パンケーキの次はフレンチトーストとエッグベネディクトか
まだまだ続く朝食ブーム パンケーキの次の注目メニューは?
“伝説のホットケーキ”を再現したスイーツ女子の新たな聖地

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP