ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileはスマートフォン市場で世界第3位になることを目指す、2014年度の出荷台数目標は6,500万台

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年にSonyの完全子会社となったSony Ericsson(現Sony Mobile)のスマートフォン市場における目標がWSJとDigiTimesの報道の中で伝えられています。Sony Mobileのセールス&マーケティング責任者を務めるDennis van Schie氏は10月3日付公開されWSJのインタビュー記事において、Sony Mobileの当面の目標をスマートフォン市場の中で世界第3位になることだ明らかにしました。同氏によると、この目標を達成するには売上高で全体の20%を獲得する必要があり、現在のSony Mobileのシェアは6.5%~7%とのことです。スマートフォン市場の上位2社は出荷台数から考えて、1位はSamsung、2位はAppleになります。また、DigiTimesの9月30日の記事では、Sony Mobileの2014年通期の出荷台数目標が伝えられていました。情報元はいつものサプライチェーンメーカーの関係者とのことえすが、Sony Mobileの2013年度通期の予想出荷台数を4,200万台としており、2014年度通期は出荷台数を前年同期比55%増の6,500万台にすることを狙っているそうです。記事で興味深い点としては、Sony MobileはMediaTek製のプロセッサを搭載した機種を来期に増やす方針であることと、2014年中にFirefox OSを搭載したスマートフォンの投入を予定していること。Sony Mobile端末の多くはQualcomm製のプロセッサを採用していますが、今年発売されたXperia CではMediaTekプロセッサを採用したほか、ODM企業が主導で開発した機種を採用しています。こういった製品を来年も増やす方針で、これによって、台湾を拠点とするODM企業 Arima Communications、Compal Communications、FoxconnはSony Mobileからの発注が増える(各社2~4台)見込みと伝えられています。Sony Mobileは今年2月にFirefox OSを搭載したスマートフォンの開発でスペインのTeleonicaと提携したことを発表しました。Firefox OSを搭載したスマートフォンが発売されるとすれば、まずTelefonica経由になることでしょう。来年は今年よりも機種が増えそうな感じですね。Source : WSJDigiTimes



(juggly.cn)記事関連リンク
iFixitでKindle Fire HD 2013年モデルの分解レポートが公開
Evernoteの2段階認証機能が無料ユーザーでも利用可能に、全ユーザーに展開
mixiコミュニティ専用の公式Androidアプリが配信中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP