ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK朝ドラ『ごちそうさん』脚本が極端で演出過剰という声あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大ヒット作の後だけに、気の毒な部分もある。船出したばかりのNHKの朝ドラについて、作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
「あまちゃん」とバトンタッチ、注目の中に始まったNHK朝ドラ「ごちそうさん」。スタートは、「あまちゃん」の初回平均視聴率20.1%を超えた好発進、と報じられました。

 が、一週間ほど過ぎて評判を眺めてみると、ちょっと迷走気味かも。特に話題を集めるのが、ヒロイン・め以子の幼少期を演じる子役・豊嶋花ちゃん、6才。「第2の芦田愛菜」と評判が高い子役さんなのだそうですが、その評判は意外や意外。

「あのキャラは苦手」「何だかイラつく」「甲高い声がたえられない」「食い意地汚いキャラすぎる」と、不評の声があちこちで見受けられるのです。

 朝ドラの子役に対してこれほど「辛口」の注文がつくのは、ちょっと珍しい現象。それぐらい、インパクトある演技、ということでしょうか。

 では、多くの人が「苦手」「イライラする」と感じる点はどこに? 

 め以子はガツガツと食べる。時には手で食べる。立ったまま食べる。人に分け与えたり譲ったりしない。物を食べるたびに、目を細めて天を仰ぎ「おいしぃー」とオーバーアクション。「とにかく食べることが大好き」というキャラクターを制作側は際立たせたいのでしょう。過剰で極端な演技をさせられています。

「あまちゃん」の刺激に慣れた視聴者の関心を、そのままいただこうというねらいかもしれません。けれども、その過剰なカリカチュア的演技が、「食い意地の張り方がちっとも可愛くない」「意地汚い」という批判へつながっているとしたら、皮肉なことです。

 これではあまりに子役がかわいそう。本人の気質や雰囲気云々というよりも、極端な脚本と演出による過剰感から、バッシングされてしまうのだとすれば……。

 たしかに、情報化社会の中で、年齢にそぐわず大人びたていたり、こまっしゃくれた子どもも存在しています。が、そうは言っても子どもは子ども。子どもらしい無邪気な面にスポットライトを当て、それを引き立たせたり目立たせれば、「かわいい」存在に見えてくるはず。幼さの中にはそうした素地が基本的に備わっているはずです。

 子役だけでありません。

 このドラマの登場人物の大人たちの役割も、何だかちょっと……。例えば、おいしいジャムを独り占めする孫を、厳しく叱らない祖母。他の子どもが座っている中で、立ったままガツガツ食べる我が子を、ニコニコ見ている両親。

 はた、と気付かされました。普段あまり意識していなかったけれど、日本人は幼い時から「食べることとしつけ」とが一体になった環境で育つのだなと。そういう歴史が長いこと続いてきたのだなと。

「箸をちゃんと持て」、「お行儀よく食べろ」、「口に入れたまましゃべるな」と、食卓で細々としたことをしつけられて育つ。それが当たり前のことになっている。何て「美徳」ある文化なのだ、と「ごちそうさん」のおかげで再確認してしまいました。

 その「美徳」を無視しつつ展開するドラマに、「世の常識」が違和感を発信しているのだとすれば。「ごちそうさん」は、ちっともおいしくない? まだ一週間で結論するのは早いのかもしれません。これから登場してくるヒロイン・杏さんに、期待をつなげましょう。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
久しぶりに会ったYURI 僕にとびっきりの笑顔を見せてくれた
元テレビP「あまちゃんはヒットドラマの要素全て持ってる」
和室のYURIと洋室のYURI つい太ももに目が行っちゃいます

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP