ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国立競技場に集った嵐ファン 音漏れ楽しむために住宅街侵入も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月21日と22日の2日間、東京・国立競技場で人気グループ・嵐のコンサート「嵐フェス ’13」が開催された。2日間で約14万人というファンを動員した本公演は、6年連続となる同競技場での開催であるとともに、来年から改装に入る現競技場での最後のコンサート。訪れた観客たちは大いに楽しんだことだろう。

さて、ここのところ芸能やスポーツにおいて、ファンの行動が問題になることが続いている。9月24日には、テニスのクルム伊達公子選手が試合中に観客の「ため息」に激高するという出来事があった。応援に熱を入れているからこそ出てしまったと思われるこの「ため息」だが、ファンの熱意がときに歓迎できなくなる場合もあるということを示した一例だろう。

7月には、嵐と同じくジャニーズ事務所所属のグループ・NEWSのコンサートにおける“パーナさん(※NEWSファンの通称)騒動”もネット上で注目を集めた。経緯はこうだ。大雨で翌日に延期となったため、本来地元に戻らなくてはいけないファンが、東京に残らざるを得なくなった。そのため、ファンがツイッター等で「コンビニ関係者はパーナさんにおにぎりを提供してください」などと要求した――。そして、今回の嵐の公演においても、ネット上、そして現地ではファンの行動が目立っていたのである。

まずネット上では、招待客として訪れた水泳のオリンピック金メダリスト・北島康介氏が、開演直後にツイッターで「アラフェスなう。」とつぶやいたことに対して、チケットの抽選に外れて会場に入れなかったファンなどから「あんた最低。電源切んないの?」や「しね」などといった暴言でTwitterを炎上させられる騒動が起きた。

この他にも、同じく水泳の五輪メダリスト・立石諒氏が、コンサート関係者に確認を取ったとした上で会場内で撮影した写真をツイッターにアップしたところ、こちらにも「会場内はダメだ」という複数の嵐ファンからの批判が寄せられた。会場に入れなかったファンは、嵐への熱い思いから、彼らへの負の感情を抑えられなかったのかもしれない。

そして、国立競技場周辺でもファンたちは元気だった。チケットを持っていなくてもコンサートグッズは買えるということで、競技場周辺では朝から大量のファンがグッズ購入のために長蛇の列を作ったほか、最寄駅であるJR千駄ヶ谷駅周辺には最後の可能性にかけて「チケット譲ってください」というプラカードを持つ女性ファンが数百人並んでいた。

そんなファンたちの中には、コンサートが始まってからも競技場周辺に残り、漏れてくる音声を楽しんでいく人も多数。そのような人々は、ファンのあいだでは“音漏れ参戦”と呼ばれる。ほとんどは、競技場に隣接している明治公園や聖徳記念絵画館の近辺にいたようだが、なかには住宅街に入り込んでしまったファンもいた(写真参照)。

場所は、競技場から外苑西通りを隔ててすぐの場所にある、坂になっている住宅街のあたり。この場所からは、競技場内のビジョンが遠目に見えるため、50人ほどのファンがきれいに列を作って“音漏れ参戦”を楽しんでいた。しかしその場所は、民家の目の前。住人にしてみれば、数時間にも渡っておよそ50人のファンに家の前で溜まられているということになり、決して気持ちがいいことではないだろう。

さらに同じ場所には、望遠カメラをかまえてビジョンを撮影している40代から50代とおぼしき女性ファンもいた。その女性は、夜間の住宅街であるにも関わらず、撮影の際にはフラッシュを使用。このような行為に対しては地元住民からは「普段の生活がかき乱された。やめて欲しい」との声もあがっていた。

“音漏れ参戦”は、大多数のファンのあいだでは「NG」と認識されている行為。コンサート開演前、競技場周辺では、「音漏れはやめて帰りましょう」と呼びかけながら歩くファンの姿も見られたが、数千・数万人に及ぶと言われる“音漏れ参戦”のファンすべてには、そのような呼びかけは届かなかったようだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
国立競技場の嵐ライブ チケット持たぬファンVS近隣住民
『同電』『受け』『担降り』など ジャニーズJr.用語を解説
嵐フェス体験の40代主婦 松潤の上半身裸に「ギャアアア!」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP