ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z1の落下テストの動画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの新フラッグシップ「Xperia Z1」の落下テストの映像がAndroid AuthorityというWEBサイトで公開されました。Xperia Z1はG’zOneのように落下衝撃にも耐える構造の機種ではありませんが、ダブルアルマイト加工を施したアルミフレームで周囲が覆われており、前後に強化ガラスを貼り付けた頑丈そうな筐体設計となっています。動画では、Xperia Z1を背面、側面、前面を下向きにしてコンクリートの地面に落下させた模様が移っています。最初の背面からの落下では、コーナー付近に小さな傷が付いてしまったものの、強化ガラスに割れは見受けられません。次の側面からの落下でも最初と同様、フレームに傷が付く程度でした。最後の前面からの落下でも強化ガラスは割れていません。筐体はかなり頑丈みたいですね。これならケースを付けずに持ち歩いてもよさそうな気はしますが、なんと、外装はほぼ無傷であるにも関わらず、Powerボタンを押してスリープから復帰しなくなってしまったそうです。3度の落下で内部の部品が破損してしまったのでしょうか。外は無傷でも中は破損するというのは珍しいケースですね。やはり落下による破損が気になる場合はケースを付けた方がよさそうですね。Source : Android Authority



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileはスマートフォン市場で世界第3位になることを目指す、2014年度の出荷台数目標は6,500万台
2013年8月の米国スマートフォン市場、Androidのシェアは51.6%(米ComScore調査)
節電アプリ「Snapdragon BatteryGuru」がv2.0.0にバージョンアップ、“充電リマインダー”などの新機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP