ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

55年生まれは才能あふれすぎ! ブルース・ウィリスの同世代は凄かった件

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


全世界待望!まさにハリウッドの奇跡とも言える、ブルース・ウィリス&超豪華スターが競演する痛快無比のアクション・エンターテイメント『REDリターンズ』。

全世界で2億ドルを超える大ヒットを記録した前作『RED/レッド』に続き、ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、メアリー=ルイーズ・パーカーという不動のキャストに、名優アンソニー・ホプキンス、妖艶キャサリン・ゼタ=ジョーンズというアカデミー賞受賞の2大ビックスターが新たに加わり、韓国NO.1スター、イ・ビョンホンも戦いの舞台に参戦します。

『REDリターンズ』は、CIAを引退した超一流のスパイチーム、コードネーム:RED—Retired Extremely Dangerous(引退した・超・危険人物)が、現役復帰して挑むミッションを描いたアクション大作。高齢をものともせずミッションに挑む出演陣のパワフルな姿には脅威すら感じるほどです。

中でも劇中で58歳とは思えぬ、身のこなしで大迫力のアクションをみせてくれるブルース・ウィリス。日本でも人気のシリーズ『ダイ・ハード』をはじめ、数々のアクション映画に出演してきた彼ですが、彼の同世代のスターを探してみるとあらゆる方面において優れた才能を持ち合わせた人物ばかり。55年生まれの皆さん、あなたにも何か隠れた才能があるかもしれませんよ!

■ブルース・ウィリス:1955年3月19日生まれ。

『ダイ・ハード』(88)のジョン・マクレーン刑事役で大ブレイク。シリーズは5作を数え、今なおハリウッドを代表するスターとして主演作が絶えない。TVシリーズ「こちらブルームーン探偵社」(85~89)で注目を集め、『ブラインド・デート』(87)で映画デビュー。以降『ダイ・ハード2』(90)、『パルプ・フィクション』 (94)、『ダイ・ハード3』『アルマゲドン』 (98)、『シックス・センス』(99)、『ダイ・ハード4.0』(07)、『エクスペンダブルズ』『RED/レッド』(10)、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』『エクスペンダブルズ2』(12)、『G.I.ジョー バック2リベンジ』(13)など多数。

■ローワン・アトキンソン:1955年1月6日生まれ。

『Mr.ビーン』でお馴染みのコメディアン。

■スティーブ・ジョブズ:1955年2月24日生まれ。

2011年に逝去したアップル社の創業者

■ケビン・コスナー:1955年1月18日生まれ。

『ボディーガード』などに出演。

その他の55年生まれは……、伊藤蘭さん、田中真弓さん(アニメ:ワンピース/ルフィ役声優)、所ジョージさん、矢野顕子さん、西城秀樹さん、竹内まりやさん、鳥山明さん、掛布雅之さん、内藤剛志さん、Charさん、具志堅用高さん、明石家さんまさん、郷ひろみさん、ラサール石井さんなど活躍されている方ばかり。

年齢を感じさせない皆さんがスクリーンを所狭しと暴れまくる映画『REDリターンズ』は11月30日(土)公開。ブルース・ウィリスのアクションは絶対チェック!

【ストーリー】
若造に世界が救えるか!!

諜報活動の一線から退き、平穏な生活を送っていた元CIAのスゴ腕スパイ、フランク(ブルース・ウィリス)と恋人のサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)に、新たなトラブルが降りかかってきた。すべては、かつてフランクと仲間のマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)が関わった、小型核兵器に絡む極秘プロジェクトに起因していた。真相を探るため、フランク、マーヴィン、サラは、ヨーロッパに飛ぶ。そこで、3人を待ち受けていたのは、かつての宿敵たちも関わる世界を揺るがす驚愕の危機だった。今、世界滅亡を阻むため、伝説の元スパイ=REDの戦いの火蓋が切って落とされた。

http://disney-studio.jp/movies/red/

(C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP