ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazonブランドのテレビ用セットトップボックス“Cinnamon”はホリデーシーズン前に発売されるという噂、製品名は“Firetube”か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Amazonは以前より自社でテレビ用のセットトップボックスを開発していると伝られていますが、WSJでその製品に関する新情報が報じられています。WSJの報道によると、Amazonは“Cinnamon”というプロジェクトの下でその製品を開発しており、今年のホリデーシーズン(11月頃)を目処に発売されるそうです。Cinnamonを家庭のテレビに接続すると、Amazonの動画サービスで提供されている映画やテレビ番組の映像を大画面で視聴できるほか、Amazonが提供している音楽、Androidアプリやゲームも大画面で利用できるとのことです。また、Kindle FireタブレットをCinnamonのリモコンとして使用できるとも伝えられています。ただ、CinnamonではAmazonのサービスにしか対応しておらず、NetflixやHuluといった外部サービスプロバイダーのコンテンツは視聴できないとされています。Apple TVやRoku、Google TVに比べると利用できるサービスは制限されている模様です。Cinnamonの価格は不明ですが、年額$79のAmazon Prime会員には無料で提供されると伝えられています。Amazonは最近、米国特許商標庁(USPTO)に対して“Firetube”という名称を商標出願していたことが判明しました。Kindle Fireでも使われている“Fire”というキーワードから、“Firetube”はCinnamon用に取得した商標と推測されています。Source : WSJHuffington Post



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、海外版Xperia Tablet Zに「10.3.1.A.2.67」へのアップデートの配信を開始
Android版Gmailの最新バージョンで広告が表示される、スクリーンショットが公開
Xperia Z1の落下テストの動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP