ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年9月)、Jelly Beanがほぼ半数に、Android 4.3は初登場1.5%のシェア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Developersの公式サイトで、2013年10月2日までの7日間におけるAndroidのバージョン別シェアが公開されました。バージョン別シェアの順位は、1位がJelly Bean(45.1%→48.6%)、2位がGingerbread(30.7%→28.5%)、3位がICS(21.7%→20.6%)、4位がFroyo(2.4%→2.2%)、5位がHoneycomb(0.1%→0.1%)という結果。今回もJelly Beanだけがシェアを伸ばし、他のバージョンはシェアを落とすという状況でした。なお、Android最新バージョン「Android 4.3(Jelly Bena)」は初登場1.5%のシェアを獲得していました。先月は今回の調査でJelly Beanがシェア50%を上回ると予想していまいしたが、48.6%と届きませんでした。次期バージョン「Android 4.4“KitKat”」が今月中にリリースされる見込みですが、Jelly Beanのシェア増は今後も数ヶ月は続くと予想されるので、次回は必ず50%を上回ることでしょう。UIデザインが一新したHoneycomb以上とそれよりも前のバージョンで分けると、Honeycomb以上は前回から2.4ポイント増となる69.3%、Gingerbread以下は30.7%となります。Source : Android Developeres



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモの「らくらくスマートフォンプレミアム F-09E」が本日発売
LG Vu 3のハンズオン動画
パナソニックがスマートフォンを子機にできる家庭用電話機「VE-GDW03DL」を11月14日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。