ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazonスマートフォンに関する新情報、3D UIと視線認識機能を搭載した“Project Smith”と低価格モデル“Project B”の2機種が開発されているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長らく噂となっているAmazonブランドのスマートフォンに関する新情報がTechCrunchHackerNewsで伝えられていました。両サイトの記事によると、Aamzonは現在、“Project Smith”と“Project B”というプロジェクト名の下で2機種のスマートフォンを開発しているそうです。“Project Smith”は3Dユーザーインタフェースと視線認識機能を搭載した高価なモデルで、“Project B”はそれらの機能を持たない標準的なスペックの低価格モデル、Kindle Fireタブレットと同じFire OSを搭載していると伝えられています。“Project Smith”の3Dユーザーインタフェースと視線認識機能ですが、これは端末の前面4隅に1ずつカメラが付いており、合計4つのカメラを使ってユーザーの目と頭の動きを感知し、それによってユーザーインタフェースが3Dの印象を与えるように動くというものだそうです。また、背面には写真や動画の撮影に使われるカメラを1つ搭載しているそうなのですが、“Project Smith”には撮影した写真からAmazonのショッピングサイトの商品と照合して、被写体に該当する商品ページを表示する機能があるそうです。Source : TechCrunch



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、1TB HDDを搭載したAndroidベースのネットワークストレージ「HomeSync」を米国で10月6日に発売、価格は$399
ZTE、米国でSIMロックフリーのスマートフォン「Grand S」と「nubia 5」を10月16日に発売
ソフトバンク、スマートフォンとモバイルWi-Fiルーターとのセットで毎月最大980円割引く 「スマホWi-Fiセット割」を11月1日より実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP