ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャパンディスプレイ、7インチWUXGAサイズと8.9インチWQXGAサイズのタブレット端末向けLTPS TFT液晶を量産開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャパンディスプレイ(JDI)は10月2日、LTPS技術を採用した7インチWUXGAサイズと8.9インチWQXGAサイズのタブレット端末向けTFT液晶パネルの量産開始を発表しました。JDIが開発した2種類のパネルは、7インチ版が1,920✗1,200ピクセル(323ppi)、8.9インチ版が2,560✗1,600ピクセル(329ppi)と“Retinaディスプレイ”と呼べるほど高精細な製品です。液晶の表示モードはIPS方式を採用しており、視野角が上下・左右ともに160度と広く、また、最大輝度も500nitsと明るいものとなっています。今回の液晶はLTPS(低温ポリシリコン)TFTなので、液晶内部に液晶駆動用のドライバLSIを統合可能なところと、既存のアモルファスシリコンTFTよりも少ないドライバLSI数のおかげで消費電力は40~50%削減され、液晶の外枠の厚みも約30%減ったそうです。発表によると、7インチ版では上部・左右は1.4mm、下部は6.8mm。8.9インチ版では上部2.0mm、左右2.8mm、下部7.6mmとなっています。7インチ版は今年6月より量産されているそうです。そういえば、Nexus 7(2013)の液晶パネルはJDI製でしたね。今回発表された7インチ版が採用されていると思います。Source : JDI



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Google検索」がv2.8.8にアップデート、検索結果のデザインが一部変更、著名人に関する最新情報をGoogle Nowカードで知らせるよう設定することも可能に
TOKYO FMが「Skyrocket Company社員アプリ」をリリース、DNPと共同でラジオ番組と流通店舗をつなぐO2O2Oアプリを開発
曲面ディスプレイを搭載した「LG G Flex」が11月に発表される見込みとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP