ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、Sonyのスマートフォン向けレンズスタイルカメラ「DSC-QX10」をau +1 Collectionの新アイテムとして発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは10月2日、2013年冬商戦向けのau発表会の中で、Sonyのスマートフォン向けレンズスタイルカメラ「DSC-QX10」をau +1 Collectionの新アイテムとして発売すると発表しました。発売時期は2013年10月下旬です。DSC-QX10は、サイバーショットブランドのデジタルカメラで、レンズ型のボディに1,820万画素の1/2.3型Exmor Rイメージセンサー、BIONZ画像処理エンジン、光学10倍ズームのF3.3 Gレンズ、ズームレバー、Wi-Fi、NFC、バッテリー、Micro SDカードスロット、シャッターボタンを搭載しています。普通のデジタルカメラと違うのは使用方法で、DSC-QX10はスマートフォンと組み合わせて使用するのが基本。スマートフォンの画面を利用してプレビュー・撮影を行い、スマートフォンにマウントして撮影することはもちろん、レンズカメラを手に持ってレンズを自分に向けて撮影したり、三脚に固定して撮影することもできます。製品パッケージには幅54mm~75mm、厚さ13mm以下のスマートフォンに取り付けられるアタッチメントが付属します。DSC-QX10の対応機種はAndroid(2.3-4.2)、iOS(4.3-6.1.4)を搭載した端末。Google Playストア/Apple AppStoreで配信中の「PlayMemories Mobile(v3.1以上)」をインストールすることでQXカメラをリモート操作(ズームやシャッター等の操作、絞りや露出、ホワイトバランスの調節など)、QXカメラの写真や動画をスマートフォン側に転送できます。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「DIGNO S KYL21」のソフトウェアアップデートを開始、「はっきり通話』の不具合に対処
Nexus 5にはMEMS方式のカメラセンサーが搭載
Galaxy Note II GT-N7100用Android 4.3の公式ファームウェアが流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP