体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDI、フルセグ対応の5インチフルHDスマートフォン「ARROWS Z FJL22」を発表

デジタル・IT

KDDIは10月2日、auスマートフォンの2013年冬モデルとして、富士通製Androidスマートフォン「ARROWS Z FJL22」を発表しました。発売時期は2013年11月下旬です。約1年半ぶりに発売される「ARROWS Z」の新モデル(3作目)は、5インチフルHDの液晶、Snapdragon 800 MSM8974 2.2GHzクアッドコアプロセッサを搭載した大画面・ハイスペックな仕様になりました。また、ワンセグよりもテレビ番組を高画質に視聴できる「フルセグ」にも対応するなど機能も強化されています。特徴としては、2,600mAhの大容量バッテリーを備えつつも、超急速充電により10分間充電するだけでバッテリーを2,3割充電できるところ、Wi-Fiと3G/LTEを同時に使用した「マルチコネクション」技術により、WEBページを快適に閲覧できるところ、新開発の「RAM搭載TFT液晶」は直射日光の下で視認性が良く、また、映像処理エンジン「Xevic(ゼビック)」を搭載したことによって、映像をより鮮やかに視聴できるとされているところ。富士通スマートフォンでは定番の「ヒューマンセントリックエンジン」では、画面の向きを常に顔の向きに合わせる「あわせるローテーション」に対応し、「はっきりボイス」はIP通話アプリにも対応しました。 OS:Android 4.2(Jelly Bean) サイズ:71 × 140 × 10.1mm、質量は149g ディスプレイ:5.0インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(Full HD)、RAM搭載TFT液晶、1,677万色、映像処理エンジン「Xevic」 プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.2GHz(クアッドコア) GPU:Adreno 330 メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB 外部メモリ:microSD/microSDHC/Micro SDHX(最大64GB) リアカメラ:1,310万画素 フロントカメラ:125万画素 対応周波数:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA 850MHz(Badn 5)/1900MHz(Band 2)/2100MHz(Band 1)、CDMA2000 800MHz(BC0)/2100MHz(BC6)、LTE 800MHz(Band 18)/1500MHz(Band 11)/2100MHz(Band 1) 通信速度:3G(下り最大9.3Mbps/上り最大5.5Mbps)、LTE(下り最大150Mbps/上り最大12Mbps) 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯対応、HT80モード対応)、Bluetooth v4.0、NFC(FeliCa+TypeA/B)、W-Fi Direct、Miracast、DLNA(DTCP-IP対応)、赤外線通信(IrDA) 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB(MHL対応) センサー類:加速度、ライト、近接、デジタルコンパス、ジャイロ、GPS/A-GPS対応 バッテリー:2,600mAh 待受時間:740時間(3G)、650時間(LTE) 通話時間:940分 カラー:ブラック、ホワイト、ピンク Eメール(~@ezweb.ne.jp):○ Cメール(SMS):○ auスマートパス:○ Felica:○ NFC:○(TypeA/B) ワンセグ:○ フルセグ:○ 赤外線通信:○ 防水:○(IPX5/X8) 防塵:✗ テザリング:○(Wi-Fiは最大10台) WIN HIGH SPEED:○ WiMAX:× 4G LTE:○ 緊急速報メール:○ グローバルパスポート:○(LTE/GSM/GPRS/UMTS)Source : KDDI

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会