ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サブウェイからココロもカラダもあったまる冬の新提案、初の温野菜サンド新登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンドイッチ・チェーン「サブウェイ」は、“祝!世界4万店達成、日本もまもなく500店 ありがとうキャンペーン”を実施。第1弾として、サブウェイ初の試みとなる温野菜を使用したホットサンドイッチ「SUB MELT(サブメルト)」を、10月2日よりサブウェイ全店(一部店舗を除く)にて発売する。

SUB MELTは(各450円)、ホワイトソースを絡めた8種類の温野菜に、とろ~りチーズを合わせ、えびやソーセージ、チキンなどの具材と一緒に食べる、アツアツのホットサンドイッチ。「えび&ベーコンメルト」、「あらびきソーセージメルト」、「ローストチキンメルト」の3種類をラインナップした。

8種類の温野菜は、じゃがいも、たまねぎ、キャベツ、ブロッコリー、キドニービーンズなどのお馴染みの野菜に、エシャロット、ロマネスコカリフラワー、パリジャンキャロットを合わせ、北海道産生乳を使用したホワイトソースを絡めたおしゃれで贅沢な組み合わせになっている。2014年3月末までの販売予定。

また、「野菜を食べるスープ。」も同時発売。サブウェイのサンドイッチと合わせて食べると、厚生労働省が推奨する1日の野菜の3分の1の量が摂れる、カラダにうれしい商品だ。「五穀入りミネストローネ」(320円)、「コーンクリームチャウダー」(280円)、「豆乳と野菜のクラムチャウダー」(320円)の3種類。

“野菜のサブウェイ”でしか味わうことのできない、温野菜たっぷりのココロもカラダもあったまる冬の新提案を是非試してみてほしい。サブウェイの店舗検索などはこちら(http://www.subway.co.jp/)から。

※「豆乳と野菜のクラムチャウダー」は販売店舗が限定されている。

ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP