ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

hi-hoの「hi-ho LTE typeD」がSMSの送受信に対応、10月7日より提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

hi-hoは10月1日、モバイルデータ通信サービス「hi-ho LTE typeD」において、SMSの送受信に対応したSIMカード(標準SIM/Micro SIM/Nano SIM)を2013年10月7日より提供すると発表しました。新たに提供されるSMS対応SIMカードを利用することで、他のスマートフォン・タブレットとSMSによるショートメッセージをやり取りできるようになるほか、LINEなどの会員登録時にSMS認証を必要とするアプリを容易に利用できるようになります。また、MVNOサービスのデータ通信用SIMカードでよく発生するセルスタンバイ問題も回避されます。SMS対応SIMカードはサービス契約時に申し込みます。既に同社のサービスを利用している方はSIMカードの再発行手続き(3,150円の費用が発生)が必要です。利用料金は「hi-ho LTE typeD」各プランに月額147円が追加されます。SMSの国内送信は1通3.15円、国際SMSは1通50円です。送受信可能な文字数は、かな文字(全角)で最大70文字、英数字(半角)のみで最大160文字です。Source : hi-ho



(juggly.cn)記事関連リンク
サンコー、持ち歩いたり振ったりするだけで蓄電されるモバイルバッテリー「nPower PEG」を販売開始
Pantech、ペン入力機能を搭載した“Vega Note(仮称)”を10月10日に韓国で発表
パズドラへの異るOS間でのデータ引き継ぎ機能の提供日が10月4日に再延期

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP