ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazonで買える第2・3類の医薬品って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amazonで「第1類」除くすべての医薬品が販売

Amazonで買える第2・3類の医薬品って?ネット販売大手のAmazon.com(アマゾン・ドット・コム)が本格的な医薬品の販売を開始し、大きな反響を呼んでいます。今回、Amazonが販売を行うのは、「第2類」「指定第2類」「第3類」の医薬品です。比較的リスクが高いといわれている「第1類」除くすべての医薬品が販売されることになりました。
一般用医薬品のリスク区分については、その内容が消費者に浸透しているとは言い難い状況です。リスク区分は商品ごとにされていますが、実は配合されている成分で分類が異なっています。また、多くの人が「副作用が少ない」と思いこんでいる漢方薬も、そのほとんどが「第2類」もしくは「指定第2類」のため、使用には注意が必要です。

胃腸薬は第2類。整腸剤は第3類。リスク区分の違い

それでは、一般用医薬品の各分類の違いを簡単に紹介します。「第1類」とは「副作用や飲み合わせなど安全上、特に注意を要するもの」で「医薬品として使用の経験が少ないもの」です。また、店頭販売では、薬剤師による販売が義務付けられています。
第1類の例)H2ブロッカー配合薬(「ガスター10」など)、ヘルペス用薬(「アラセナ」など)、解熱鎮痛剤の一部(「ロキソニン」)など
次に、「第2類」は、「副作用や飲み合わせなど安全性上、注意を要するもの」です。
第2類の例)風邪薬、解熱鎮痛剤、滋養強壮剤、胃腸薬の一部など
そして、「指定第2類」は、「第2類医薬品のなかで特に注意を必要とするもの」です。基本的には第2類医薬品に準じます。
最後に、「第3類」とは「副作用、飲み合わせなど安全性上、多少注意を必要とするもの」で、ビタミンB・C含有保健薬、整腸剤、消化薬などが該当します。

ネットでの購入は自己責任。注意が必要な成分を把握しておく

一般用医薬品を購入する際に確認しておかないといけないことは、「アレルギーを発症させる配合成分が入ってないか?」「常備薬として服用している医薬品との飲み合わせに問題が無いか?」ということです。
ネットでの購入は自己責任が大きく問われます。自分にとって注意が必要な成分を事前に把握しておきましょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。