ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香山リカが東京五輪開催される7年後の自分へ宛てた手紙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京五輪決定がもたらした、もっとも大きなプレゼントは、ぼんやりした未来に、現実的な「7年後の私」を考える機会を与えてくれたことかもしれない。7年後の自分に宛てて、精神科医の香山リカさんは次のような手紙を綴ってくれた。
 * * *
 今は、収入の格差や東京と地方の格差など、さまざまな格差があります。オリンピックへの準備をめぐって、東京と地方の格差はより広がってしまうかもしれないし、福島などの被災地は、ないがしろにされてしまうかもしれない。
 でも、それだけは、なんとしても避けたい。格差が広がっていくと、結局は誰も幸せになれませんから。逆に、オリンピックをきっかけに、誰もが社会に対して希望を持てて、夢を見られるような、互いに信用できるようになっていたらいいと思っています。きれいごとのようですが、本当にそう思います。
 そのために何か良い形で自分が得たものを社会に還元したい。それは、本を書いて多くの人に読んでもらうことかもしれないし、別のことになるかもしれませんが。7年間をかけて少しでも、何かの形で、と考えています。
※女性セブン2013年10月10日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東京の落語界 落語協会と落語芸術協会に“格差”広がった理由
30代と高齢者の社会保障費 生涯格差は1人あたり6000万円
1票の格差訴訟 最高裁で「選挙無効」判決出る可能性を指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP