体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「悲惨指数」1位はスペイン

kaos

「Misery Index(悲惨指数)」というものがあるのですね。財政赤字と失業率、ともに問題となっている今、日本も他人事ではないですね。今回はEiichirohさんのブログ『果てしないカオス』からご寄稿いただきました。

「悲惨指数」1位はスペイン
国際的格付け機関ムーディーズが、スペインを、財政赤字と失業率を加えた「Misery Index(悲惨指数 *1)」 の1位にランクした。アイルランドは4位。スペインに続くのは、ラトビア・リトアニア・アイルランド、ギリシャにイギリス。そしてアイスランドを経てアメリカは8位。
 *1:この記事においての悲惨指数はムーディーズが開発した新しい悲惨指数(財政赤字+失業率)のことを指す。
———
Moody’s Misery Index ranks Spain at No. 1; Ireland gets a fourth ranking (Dec 16, 2009)*2
Moody’s, the international ratings agency has ranked Spain as top of its Misery Index – – a metric which adds a country’s fiscal deficit and the unemployment rate – – and Ireland gets a fourth ranking. Spain, is followed by Latvia, Lithuania, Ireland, Greece and the UK. The US is eighth – – just after Iceland.

moodys_misery_index_ireland-dec162009

———
*2:『Finfacts Ireland』 2009年12月16日 「Moody’s Misery Index ranks Spain at No. 1; Ireland gets a fourth ranking」 より引用
http://www.finfacts.ie/irishfinancenews/article_1018682.shtml

ちなみに、財政赤字GDP比と、政府債務残高GDP比は違う *3。
 *3:『ロイター』 2009年12月16日「ギリシャ・イタリア・ポルトガル・スペインの財政赤字・債務残高比率」
 http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS854968220091216

記事の内容以外で気になるところは、6位のイギリス。イギリスの財政赤字拡大(赤のゲージ)も注目するところではある。

『ロイター』の記事にも、「11月の公的部門の財政赤字は161億9000万ポンド。11月としては記録のある98年4月以来、単月としては09年5月以来、過去最大」*4 とあるが、ロンドン五輪なんて本当に大丈夫なんだろうか?
 *4:『ロイター』 2009年12月19日「11月の英公的部門純借入額は約203億ポンド、同月として過去最大」
 http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPJAPAN-13023520091218

失業率(青のゲージ)は国によってカウントの仕方が違うというのは周知の事実なのだが、この指標も細部までは統一されていないと思われる。U3は10.2、U6は17.5%(10月統計)*5 など。
 *5:『果てしないカオス』 2009年11月8日 「激化する「米中貿易紛争」」
 http://ameblo.jp/eiichiro44/entry-10382529881.html

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。