ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディズニー、Disney Mobile on SoftBankの新型スマートフォン「DM016SH」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクとウォルト・ディズニー・ジャパンは9月30日、Disney Mobile on SoftBankの新型スマートフォン「DM016SH」を発表しました。発売時期は2014年初頭となっています。DM016SHは、ソフトバンクの「AQUOS PHONE 302SH」をベースに開発された大画面・ハイスペックモデル。3辺の狭額縁デザインを搭載したボディに、5.2インチ1,920✗1,080ピクセルのS-CGシリコン液晶とSnapdragon 800 MSM8974 2.2GHzクアッドコアプロセッサ、AXGP方式の「SoftBank 4G」とFDD-LTE方式の「SoftBank 4G LTE」の両方を利用可能な「Hybrid 4G LTE」やフルセグにも対応しています。ディズニースマートフォンということで外装と中身は一部ディズニー仕様となっています。外装は、本体の背面にミッキ-ヘッドをあしらった大人の女性向けのデザインを採用。中身では、キャラクターごとに衣装が変化する「マルチキャラクターライブ壁紙」がプリインストールされています。DM016SHでもディズニーキャラクターのオリジナルケースが10種類提供されることになっています。ケースは発売日より実施される購入者特典でプレゼントされたりもします。ディズニースマートフォンでは、ディズニーが提供のアプリやサービスを利用することができますが、DM016SHには新アプリとして、ディズニーテーマのフィルターや音楽を付けてオリジナルのムービークリップを作成できるアプリ「Disney Movie Memories」や、ディズニーキャラクターを使った新ゲームアプリ「Dosney Catch Panic」が追加されています。 OS:Android 4.2(Jelly Bean) サイズ:132 x 70 × 9.9mm、質量は147g ディスプレイ:5.2インチ、解像度1,920×1,080(フルHD)、S-CGシリコン液晶、1,677万色 チップセット:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.2GHz(クアッドコア) GPU:Adreno 330 メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB 外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大容量は64GB) リアカメラ:1,630万画素裏面照射型CMOS、F1.9レンズ、AF、光学手ブレ補正、フラッシュ付き、1080pフルHD動画撮影対応 フロントカメラ:120万画素CMOS 対応周波数:GSM(900/1800/1900MHz)、WCDMA(900/2100MHz)、FDD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)、AXGP 2,500MHz パケット通信:3Gハイスピード(下り最大14Mbps/上り最大5.76Mbps)、SoftBank 4G 下り最大76Mbps/上り最大10Mbps、SoftBank 4G LTE 下り最大110Mbps/上り最大15Mbps 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、DLNA(DTCP-IP対応)、FeliCa/NFC、赤外線通信、ワイヤレスディスプレイ 外部端子類:- センサー類:- バッテリー :2,600mAh 連続待受時間:未公開 連続通話時間:未公開 おサイフケータイ:○ ワンセグ:○ 赤外線通信:○ 世界対応ケータイ:○ 防水・防塵:○(IPX5/IPX7相当の防水) S!メール:○ デコレメール:○ 3Gハイスピード:○ ULTRA SPEED:x SoftBank 4G:○(下り最大76Mbps) SoftBank 4G LTE:○(下り最大110Mbps) 緊急速報メール:○ カラバリ:ホワイトSource : ディズニー



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S III / S 4 / Note IIのフランスにおけるAndroid 4.3アップデートスケジュールが判明
中国 Allwinnerが8コアCPUのタブレット向けSoC「A80」を開発中
Tegra ZoneアプリがNVIDIA SHIELDに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP