ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、体重や体脂肪率など9種類の健康データをクラウドに自動アップロードする「スマート体組成計 301SI」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは9月30日、「スマート体組成計 301SI」」を発表しました。発売時期は2014年2月中旬以降となっています。スマート体組成計は、体重や体脂肪率など9種類の健康データを測定できて、計測したデータをクラウド上にアップロードする機能を備えたセイコーインスツル製の体組成計です。SoftBank HealthCareの新デバイスとなっており、クラウド上に保存された健康データ(体重、体脂肪率、BMI、基礎代謝、内臓脂肪レベル、身体年齢、骨レベル、骨格筋レベル、水分量)は、SoftBank HealthCareアプリ上で閲覧することができます。計測データは本体内蔵の3G通信機能によってアップロードされます。スマート体組成計の利用料金は月額590(税込み619円/月)です。これには3Gデータ使用料も含まれています。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S III / S 4 / Note IIのフランスにおけるAndroid 4.3アップデートスケジュールが判明
中国 Allwinnerが8コアCPUのタブレット向けSoC「A80」を開発中
Tegra ZoneアプリがNVIDIA SHIELDに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP