ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホ・タブレット版『ドラクエX』 堀井雄二のデモンストレーションでカックカク?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


幕張メッセで開催されている『CEATEC JAPAN』。9月30日に開催されたNTTドコモとスクウェア・エニックスの共同発表会。発表された内容はドコモのサービスである『dゲーム』を使いドコモ端末のスマートフォンとタブレットで『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(以下、ドラクエX)』が遊べるというものだ。

スマートフォンやタブレットでは『ドラクエX』クライアントアプリを必要とせず、クラウドゲーミングとなる。いわゆるサーバー上で処理した映像を受け取って操作するというもの。ラグもほとんどなく違和感なく遊べると説明。操作はスマートフォンやタブレットの仮想コントローラーにて行う。また『ドラクエスマホ』も発表され、docomoとスクウェア・エニックスはガッチリタッグを組んだようだ。

『ドラゴンクエスト』の生みの親である堀井雄二さんも登場。スマートフォン版の『ドラクエX』をプレイしたところラグがひどいだけでなく、カックカク映像が流れてしまい、『ニコニコ生放送』ではコメントが大荒れとなった。「これはあかん」「カックカク」「うああああああ」というコメントが流れクラウドでゲームをするのは無茶すぎると言う声も挙がっていた。

ちなみに今回デモンストレーションに使ったサーバーはテストサーバーだったようだ。会場のWi-Fi回線の問題もあったのかもしれない。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP