ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

QX-10/100 SYNC to Cloud : QXカメラやサイバーショットの「スマートフォン転送」の写真や動画をGoogle+やDropboxのカメラアップロードに対応させるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyのレンズスタイルカメラ「QX10」「QX100」で撮影した写真や動画をGoogle+やDropboxのカメラアップロード機能に対応させることができるアプリ「QX-10/100 SYNC to Cloud」がGoogle Playストアで公開されました。アプリは無料です。QXレンズスタイルカメラで撮影した写真や動画をはスマートフォンの/sdcard/PlayMemories_Mobileフォルダに保存される仕組みで、このままだと、/sdcard/DCIMをウォッチしてクラウドに転送するGoogle+やDropboxのカメラアップロード機能には反応しません。そんな時、今回紹介する「QX-10/100 SYNC to Cloud」を利用すれば、/sdcard/PlayMemories_Mobileフォルダのデータが5分おきに/sdcard/DCIM/QXフォルダに自動転送されるので、上記サービスが反応するようになります。アプリはそれを実現するためのものです。利用方法はアプリをインストールして起動し、「Run Service」をタップするだけ。すると、アプリがバックグラウンドで実行され、5分おきにPlayMemoriesフォルダのデータをDCIMフォルダに移してくれます。今のところ、アプリにはサービスのON/OFF機能しかなく、コピー周期を変更するようなことはできません。一部のサイバーショットに搭載されている「スマートフォン転送」機能でもデータはQXカメラと同じPlayMemoriesフォルダにコピーされるので、それで転送した写真や動画もDCIMフォルダに移すことができます。「QX-10/100 SYNC to Cloud」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、世界最小の4.5インチスマートフォン「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」を発表、IGZO液晶やSnapdraogn 800などを搭載
ソフトバンク、3辺狭額縁デザインの5.2インチフルHDスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 302SH」を発表、AXGP(TD-LTE)/FDD-LTE両対応
シャープがWindows 8.1タブレット「Mebius Pad」を発表、10.1インチ2,560✗1,600ピクセル(WQXGA)のIGOZ液晶パネル、Intel Atom Z3770を搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP