ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片岡愛之助 水野晴郎『シベリア超特急』最新作出演計画浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 目下、オファー殺到中──。『半沢直樹』のオネエキャラでブレイクした歌舞伎役者・片岡愛之助(41)の、次なる作品として浮上しているのはなんとも意外な映画だった。
 
 映画評論家で2008年に亡くなった水野晴郎氏が監督、製作、主演をこなし、コアな映画ファンの間でカルト的人気を誇る『シベリア超特急』。その最新作への出演が予定されているという。
 
 太平洋戦争の最中、満州へ向かうシベリア鉄道で起こる殺人事件などを解決する同作(現時点では2005年に公開された『シベ超5』が最新作)は水野氏亡き後、続編が途絶えていた。
 
 しかし、このたび水野氏の一番弟子で過去の『シベ超』シリーズにもレギュラー出演していた西田和昭氏(55)が監督・脚本を務めることが決定。その西田氏のオファーに、「二つ返事で愛之助さんはOKした」(映画関係者)という。西田氏に話を聞いた。
 
「愛之助さんは映画デビューが『シベ超5』だったので思い入れがあるんです。実は、俳優としての愛之助の才能を発掘したのは水野先生だったんです。先生は大の歌舞伎ファンで、彼がまだ無名だった頃から、『彼は将来一番伸びるぞ』といって、熱心に映画出演を打診していました」
 
 水野氏の若手発掘の眼には定評がある。今や演技派女優として名高い寺島しのぶ(40)も映画初出演が『シベ超2』(2000年)で、その後の飛躍の足がかりとなった。
 
「『シベ超5』では万里の長城から転げ落ちるシーンがありました。スタジオ内で、10メートルの高さからワイヤーに吊されながら落ちるんですが、スタントマンなしで取り組んでいました。心意気が伝わってくる体当たり演技でしたね」
 
『シベ超』最新作は現在、来年1月のクランクインに向け準備段階。ほか、ニューハーフAV女優の荒木レナ(23)などの起用が予定されているなどバラエティに富んだキャスト陣、ストーリーとなりそうだ。
 
 関係者によれば、愛之助の出演はまだ“本決まり”ではないというが本人は早くも、「来年は水野さんの七回忌でもあるし、恩返ししたい」との意気込みをみせているという。
※週刊ポスト2013年10月11日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
海老蔵代役の愛之助 海老蔵の元カノ・サトエリと親密交際か
熊切あさ美と交際中の片岡愛之助 「もう会うな」と養父通達
海老蔵代役で注目された片岡愛之助 隠し続けた妻と子の存在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP