ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG未発表の“Phablet”はフレキシブルディスプレイとAndroid 4.4“KitKat”を搭載し、今年12月にリリースされる予定との噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LGがXperia Z Ultraのような“Phablet”サイズのスマートフォンを開発していると噂されていますが、その機種に関する新たな情報が海外ブログ Android SASで伝えていました。情報元は韓国の方だそうですが、どういった筋の方なのかは明らかにされていません。その方によると、LG製Phabletは“Automatic Scratch Repair Technology”を実装したフレキスブルタイプのLG製ディスプレイを搭載しており、2013年12月頃に発表・発売される予定とのことです。また、その製品は最初に韓国での発売される予定で、発売時にはAndroid 4.4“KitKat”を搭載しているらしい。これ以外の情報は伝えられていませんでしたが、LGにとって記念すべき“KitKat”端末第1号になりそうな雰囲気なので、スペックもその時点で最新のものであると予想されます。Source : Android SAS



(juggly.cn)記事関連リンク
携帯3社、大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線や京都市営地下鉄 烏丸線で携帯電話サービスを開始
SmartWatch2 SW2のユーザーマニュアルが公開
Android 4.3ベースのAOKPカスタムROM(Nightlyビルド)がリリース、現在のところはNexus 7(Wi-Fi)とOPPO Find 5で利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。