ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、スマートフォンやタブレットとも繋がるウォークマンMシリーズ「NW-M505」を発表、NFCワンタッチ接続機能も利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは9月25日、スマートフォンやタブレットと連携するスティックタイプのウォークマンMシリーズ「NW-M505」を発表しました。発売予定日は12月7日(土)。価格は17,800円です。NW-M505は、約40gと軽量で付属のクリップを使ってシャツやバッグに固定することもできるスティックタイプのウォークマン。16GB内蔵ストレージに保存した音楽ファイルやFMラジオを視聴できるほか、Bluetooth通信機能を搭載しており、スマートフォンやタブレットの音楽や動画の音声をNW-M505を通じてワイヤレスで視聴することができます。本体にはSony独自のフルデジタルアンプ「S-Master MX」や周囲の騒音を約98%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載するほか、イコライザー、Clar Phase、Clear Base、ダイナミックノーマライザーなどのサウンドエフェクト機能にも対応しており、そういった機能を持たないスマートフォンやタブレットの音楽を高音質で視聴したり、NW-M505の内蔵マイクを利用してハンズフリー通話を行なうこともできます。さらに、本体にはNFCチップを搭載しており、NFC対応スマートフォンやタブレットを本体にかざすだけでBluetoothペアリングやBluetooth接続/接続解除を行なうこともできます。本体サイズは85.2 × 19.1 × 15.9mm、質量は40g、本体上には有機ELディスプレイ128 x 36ピクセル(モノクロ)を搭載。対応メディアフォーマットはMP3/AAC、ワイヤレス通信機能はBluetooth v3.0(A2DP/AVRCP/HFP/HSP)、apt-xコーデックにも対応しています。バッテリー駆動時間は、音楽再生時15時間、Bluetooth音楽再生時10時間、カラバリはシルバー、バイオレット、ブラック、ピンクの4色。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
携帯3社、大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線や京都市営地下鉄 烏丸線で携帯電話サービスを開始
SmartWatch2 SW2のユーザーマニュアルが公開
Android 4.3ベースのAOKPカスタムROM(Nightlyビルド)がリリース、現在のところはNexus 7(Wi-Fi)とOPPO Find 5で利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。