ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デビュー30年藤井フミヤ チェッカーズ再結成できぬ理由語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月21日、藤井フミヤ(51)がデビュー30周年記念ツアー『青春』をパシフィコ横浜でスタートさせた。1983年9月21日にチェッカーズのリードボーカルとして『ギザギザハートの子守唄』でデビューしたフミヤ(当時は郁弥)。翌年1月発売の『涙のリクエスト』が大ヒットし、一躍トップアイドルとなった。チェッカーズは、1992年に解散するまで、シングル全てがオリコントップ10入りするという超人気グループだった。
 22日のコンサートでは、チェッカーズ時代を振り返り、「(作詞には)ノンフィクションで自分の感情や気持ちが現われているから、当時のことを思い出すし、気恥ずかしい」と話しながらも、メンバー自身が作詞作曲を手がけるようになった『NANA』(1986年)以降のシングルを、ほぼすべて熱唱。ライブ後半のMCでは、チェッカーズについても少しだけ触れている。
「(バンドが)最近は解散しないね。休止という形を取る。バンドは、時が経てばいずれまた戻るんですが、チェッカーズはクロベエが死んじゃったからね……」
 2004年に逝去したドラムの徳永善也に言及。チェッカーズの再結成は物理的に不可能との見方を示した。同コンサートに行ったファンの1人はこう話す。
「ソロになって以降、コンサートでチェッカーズの曲をこれだけ歌ってくれるのは初めてですし、とてもうれしかったです。(チェッカーズのメンバーでフミヤの弟である)尚之もツアーメンバーに入っているので、あのサックスで、フミヤの歌声を聞くと、チェッカーズに限りなく近くなるし、当時の情景も浮かびました。
 でも、チェッカーズは7人でチェッカーズなんだな……という思いも強く持ちました。ステージを見ても、ギターもベースもドラムも違う。もちろん、音も異なります。やっぱり、チェッカーズは永遠に戻って来ないと実感しました。思い出は思い出のまま、ということでしょうか」



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
デビュー30周年のチェッカーズ アイドルの歴史を変えた軌跡
チェッカーズ リーダー武内享が呟いた再結成話の実現可能性
元チェッカーズ高杢禎彦 1人で名曲熱唱し最後に「ゲッツ!」

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。