ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 5のスクリーンショットがまた流出、やっぱりステータスバーのアイコンデザイン・カラーは変わってる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4“KitKat”を搭載した「Nexus 5」のスクリーンショットと、Nexus 5上で取得したGoogle Babelと呼ばれるアプリのトレースログの画像が海外サイト Myceで公開されていました。スクリーンショットはChromeブラウザを起動した時のものですね。スクリーンショットの縦横サイズが1,080✗1,920ピクセルなので、Nexus 5の解像度はフルHDだと考えられます。また、ステータスバー上のUSBデバッグアイコンのデザインやアイコンカラーもホワイトに近い淡色カラーに変わっています。変化の内容は以前Google Playストアで一時的に公開されていたGoogle韓国語キーボードのスクリーンショットと同じです。Google Babelと呼ばれるアプリのトレースログでは、“KeyLimePie”、”KRS74H”、“Hammerhead”といった情報を確認することができます。次期Androidバージョンのコードネームは“KitKat”に決定しているのですが、まだ“KeyLimePie”が使用されている模様です。“Hammerhead”はNexus 5のコードネームとされる名称です。このほか、依然として3.4系のカーネルを使用していることも確認できます。Source : Myce



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.3ベースのAOKPカスタムROM(Nightlyビルド)がリリース、現在のところはNexus 7(Wi-Fi)とOPPO Find 5で利用可能
QX-10/100 SYNC to Cloud : QXカメラやサイバーショットの「スマートフォン転送」の写真や動画をGoogle+やDropboxのカメラアップロードに対応させるアプリ
パナソニックがインドで新型Androidスマートフォン「Panasonic P11」、「Panasonic T21」、「Panasonic T11」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP